電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-17 13:35
[依頼講演]将来の通信を支える誤り訂正符号化技術
中村隆彦吉田英夫杉原隆嗣三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 誤り訂正技術は通信の様々な分野に適用されている.1980年代には衛星通信への適用が中心であったが,今日では移動体通信や大容量の光通信にも適用されている.最初は畳み込み符号が中心であったが,現在では繰り返し復号によりShannon限界に近い性能が得られるTurbo符号やLDPC符号が多く用いられるようになった.また,5Gの移動体通信では,低遅延などの要求からPolar符号という新しい符号が適用されている.本稿では誤り訂正技術の通信分野への適用例の歴史を振り返りながら,今後の展開について論じる. 
(英) Error correction codes are mainly applied to communication systems. From 1980s, satellite communication was main application destination of error correction codes, and mobile communication systems and optical communication systems have been also main application recently . At first, convolutional code was mainly applicable to communication systems, and afterwards turbo code and LDPC code are widely used in various communication systems. In 5G radio access, Polar code will be newly applied due to the demands of the low latency and good performance. In this paper,we look back the history of error correction codes ,and we state about a future development of error correction codes.
キーワード (和) 誤り訂正符号 / 畳み込み符号 / Turbo符号 / LDPC符号 / Polar符号 / / /  
(英) Error Correction Code / Convolutional Code / Turbo Code / LDPC Code / Polar Code / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 175, RCS2017-154, pp. 67-72, 2017年8月.
資料番号 RCS2017-154 
発行日 2017-08-10 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2017-08-17 - 2017-08-18 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 将来の通信を支える誤り訂正符号化技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Error Correction Code for Future Communication Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誤り訂正符号 / Error Correction Code  
キーワード(2)(和/英) 畳み込み符号 / Convolutional Code  
キーワード(3)(和/英) Turbo符号 / Turbo Code  
キーワード(4)(和/英) LDPC符号 / LDPC Code  
キーワード(5)(和/英) Polar符号 / Polar Code  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 隆彦 / Takahiko Nakamura / ナカムラ タカヒコ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 英夫 / Hideo Yoshida / ヨシダ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉原 隆嗣 / Takashi Sugihara / スギハラ タカシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-17 13:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2017-24,IEICE-RCS2017-154 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.174(SAT), no.175(RCS) 
ページ範囲 pp.25-30(SAT), pp.67-72(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2017-08-10,IEICE-RCS-2017-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会