お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-10 10:25
非侵襲的頭蓋内圧推定法に関する検討
降旗建治後藤哲哉本郷一博信州大)・小池徳男イチカワEA2017-35
抄録 (和) 現在まで,非侵襲・侵襲的頭蓋内圧(ICP)計測による臨床試験の患者数は40名(男性23名,女性17名,平均年齢56歳)である.有効データ数は合計5221個であり,その実測ICP範囲は0.95~101.6 cmH2Oである.前報では,ある臨界ICP 55 cmH2Oより高いか低いかを判別できる外耳道内圧脈波に関する独立要因25種類を選定した.本報では,一方の臨界ICP以上は,患者が3名と少ないので学習あり統計解析法で検討した.その結果,ニューロネットワーク多層パーセプトロン分析(MLP)による類推ICPの標準誤差は1.3 cmH2Oである.他方の臨界ICP以下は,患者数が多いため対象患者データの学習なし統計解析法も検討した.その結果,MLP法による類推ICPの標準誤差は,ICPが1~30 cmH2Oの範囲で3.0 cmH2Oであり,および30~55 cmH2Oの範囲で4.3 cmH2Oである. 
(英) In the previous paper, as the result of our own discrimination analysis: (a) the presence of a critical intracranial pressure (ICP) value has become clear, the critical ICP is 55 cmH2O. (b) The percentage of correct answers whether is higher than the critical value or lower is 100 %. This paper investigated whether ICP can be assessed by the 25 factors selected as independent variables of the external auditory canal pressure (EACP) pulse waves. The nonlinear data modeling to discover complex relationships was analyzed by IBM SPSS neural networks (the multilayer perceptron: MLP). Above the critical ICP value, because of the small number (3) of patients, the result of the MLP with predictor categories that were present in the training set of data is that (c) the standard error of the estimate is 1.3 cmH2O in the range from 55.1 to 101.6 cmH2O. The critical ICP value or below, because of the number of patients is 37, the MLP was analyzed with the others predictor categories that were not present in the training set of a patient. The results show that (d) the standard error of the estimate is 3.0 cmH2O in the range from 0.95 to 30 cmH2O, and (e) it is 4.3 cmH2O in the range from 30.1 to 55 cmH2O.
キーワード (和) 頭蓋内圧 / 外耳道内圧センサー / 脈波振幅要因 / 脈波スペクトル要因 / / / /  
(英) Intracranial Pressure / External Auditory Canal Pressure Sensor / Pulse Amplitude Factors / Pulse Spectrum Factors / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 170, EA2017-35, pp. 47-54, 2017年8月.
資料番号 EA2017-35 
発行日 2017-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-35

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-08-09 - 2017-08-10 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ., R. I. E. C. 
テーマ(和) 超臨場感音響,応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Ultra-Realistic Acoustics, Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非侵襲的頭蓋内圧推定法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Predicting Intracranial Pressure through a Noninvasive Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭蓋内圧 / Intracranial Pressure  
キーワード(2)(和/英) 外耳道内圧センサー / External Auditory Canal Pressure Sensor  
キーワード(3)(和/英) 脈波振幅要因 / Pulse Amplitude Factors  
キーワード(4)(和/英) 脈波スペクトル要因 / Pulse Spectrum Factors  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 降旗 建治 / Kenji Furihata / フリハタ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 哲哉 / Tetsuya Goto / ゴトウ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本郷 一博 / Kazuhiro Hongo / ホンゴウ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 徳男 / Norio Koike / コイケ ノリオ
第4著者 所属(和/英) (株)イチカワ (略称: イチカワ)
Ichikawa Electric Co. Ltd. (略称: Ichikawa Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-10 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-35 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.170 
ページ範囲 pp.47-54 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-EA-2017-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会