お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-10 14:25
パラメトリックスピーカにおける両側波帯多重変調方式による音質改善の検討
中野友聖福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大EA2017-41
抄録 (和) 近年,超音波の鋭い指向性を用いて特定の範囲にのみ音を再生可能なパラメトリックスピーカは音声アナウンス等での利用が期待されている.パラメトリックスピーカでは超音波であるキャリア波を目的音で変調した変調波を大音圧で放射することで元の目的音を復調する.しかし,パラメトリックスピーカは再生の原理上,低周波数帯域の再生が困難であり,音質の改善が求められている.従来,低周波数帯域を強調するために,復調音の音圧が大きい両側波帯(DSB: Double SideBand)変調方式を低周波数帯域に,歪を低減可能な単側波帯(SSB: Single SideBand)変調方式を高周波数帯域に用いる手法が提案されている.しかし,DSB変調方式を用いた低周波数帯域の強調では音楽鑑賞などの用途には不十分である.そこで本稿では,DSB変調方式と再生方式が異なるキャリア波抑圧型両側波帯(DSB-SC: Double SideBand with Suppression Carrier)変調方式を併用した両側波帯多重変調方式を提案する.両側波帯多重変調方式ではそれぞれの変調方式から目的音が復調し,さらに両側波帯多重変調により発生する歪も利用することで低周波数帯域を強調する.評価実験ではそれぞれの変調方式の変調度を変更することで,低域強調手法の有効性を確認した. 
(英) A parametric loudspeaker can reproduce an audible sound to a particular area. To reproduce an audible sound, the parametric loudspeaker emits a powerful ultrasonic modulated by the audible sound. However, the power in a low-frequency band is lower than that of a general loudspeaker. Conventionally, the double sideband modulation method which can reproduce audible sound larger than single sideband modulation method is applied to a low-frequency band to emphasize. However, the conventional method is insufficient to emphasize the audible sound in a low-frequency band. In this paper, we proposed a new sound-quality improvement based on multiplexed double sideband modulation in parametric loudspeaker. The proposed method can emphasize the audible sound in a low-frequency band. We confirmed the effectiveness of the proposed method through evaluation experiments.
キーワード (和) 超音波 / パラメトリックスピーカ / 音質改善 / 両側波帯多重変調方式 / / / /  
(英) Parametric loudspeaker / Ultrasonic / Sound-quality improvement / Multiplexed double sideband modulation method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 170, EA2017-41, pp. 85-90, 2017年8月.
資料番号 EA2017-41 
発行日 2017-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-41

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-08-09 - 2017-08-10 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ., R. I. E. C. 
テーマ(和) 超臨場感音響,応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Ultra-Realistic Acoustics, Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカにおける両側波帯多重変調方式による音質改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Sound-quality Improvement Based on Multiplexed Double Sideband Modulation in Parametric Loudspeaker 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 / Parametric loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) パラメトリックスピーカ / Ultrasonic  
キーワード(3)(和/英) 音質改善 / Sound-quality improvement  
キーワード(4)(和/英) 両側波帯多重変調方式 / Multiplexed double sideband modulation method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 友聖 / Yusei Nakano / ナカノ ユウセイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-41 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.170 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会