電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-09 13:30
高次ナノ構造体を用いた表面増強ラマン散乱による分子センシングシステム
山口明啓福岡隆夫内海裕一兵庫県立大エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2017-27
抄録 (和) ユビキタス分子センシング・ネットワークの形成は,医療や環境分析現場における分子レベルでの分析だけではなく,社会インフラとなり安心・安全を提供するシステムとなることが期待される。本研究では,ユビキタス分子センシング・ネットワークにおけるセンシング機構として,貴金属ナノ粒子から構成される高次ナノ構造体の創製と評価を行った。貴金属ナノ粒子を粒子間相互作用や移流集積など種々の相互作用を協奏的に用いることで自己集積化を促進し,ハニカム構造が積層された構造体や機能性ナノ粒子の凝集構造を動的に創製することに成功した。創製した高次ナノ構造体を用いることで,表面増強ラマン散乱を効率よく発現させて,微量分子の検出を実証した。 
(英) Ubiquitous molecular sensing network formation is promising system which can provide not only the analysis technology for molecular sensing in medical diagnose and environmental analysis but also the security and safety for us as society’s infrastructure. In this study, we investigate higher-order nanostructure consisting of Au nanoparticles using convective self-assembly and dielectrophoresis in a Lab-chemical chip to serve a wide range of applications in life science, medical diagnosis, environmental analysis, and food analysis. Our nanostructure devices enables highly sensitive detection of various molecules by an easy operation of in situ surface enhanced Raman scattering platform using a simple Raman spectrometer.
キーワード (和) 環境分析 / 食品安全 / 高次ナノ構造体 / 表面増強ラマン散乱 / 分子センシング / 移流集積 / 誘電泳動 / DLVO相互作用  
(英) Environmental analysis / food safety / higher-order nanostructure / surface enhanced Raman scattering / molecular sensing / convective self-assembly / dielectrophoresis / DLVO interaction  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 172, ED2017-27, pp. 1-4, 2017年8月.
資料番号 ED2017-27 
発行日 2017-08-02 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2017-08-09 - 2017-08-10 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) センサ,MEMS,一般 
テーマ(英) Sensor, MEMS, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2017-08-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次ナノ構造体を用いた表面増強ラマン散乱による分子センシングシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Molecular Sensing System Using Surface-Enhanced Raman Scattering induced by Higher-Order Nanostructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 環境分析 / Environmental analysis  
キーワード(2)(和/英) 食品安全 / food safety  
キーワード(3)(和/英) 高次ナノ構造体 / higher-order nanostructure  
キーワード(4)(和/英) 表面増強ラマン散乱 / surface enhanced Raman scattering  
キーワード(5)(和/英) 分子センシング / molecular sensing  
キーワード(6)(和/英) 移流集積 / convective self-assembly  
キーワード(7)(和/英) 誘電泳動 / dielectrophoresis  
キーワード(8)(和/英) DLVO相互作用 / DLVO interaction  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 明啓 / Akinobu Yamaguchi / ヤマグチ アキノブ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 隆夫 / Takao Fukuoka / フクオカ タカオ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 裕一 / Yuichi Utsumi / ウツミ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-09 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2017-27 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.172 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2017-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会