お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-29 16:50
没入型ヘッドマウントディスプレイと浮遊感覚が脳波に与える影響
梅澤俊介・○堀江亮太芝浦工大BioX2017-22 MBE2017-31
抄録 (和) 本研究では,入院環境において常にベッドで生活し視覚的な刺激が少ないことから生じるストレスを低減する方法として,リラックス効果が認められている自然映像を没入型ヘッドマウントディスプレイで視聴することを提案し,その有用性を脳波測定で評価した.さらに,チェアハンモックによる浮遊感をリラックス効果の要素として加え,より現実感に近い環境を構築し評価した. 
(英) We proposed a system for stress reduction by watching natural landscape images with relaxing effect by using an immersive head mounted display. We suppose that the proposed system reduces inpatients’ stress caused by insufficient visual stimuli. We evaluated efficiency of the proposed system by measuring electroencephalography (EEG). Furthermore, we added floating feeling as a factor of relaxing effect by adding a chair hammock to the proposed system and building more realistic environment.
キーワード (和) 没入型ヘッドマウントディスプレイ / チェアハンモック / 浮遊感覚 / 脳波 / / / /  
(英) Immersive Head Mounted Display / Chair Hammock / Floating Feeling / Electroencephalography / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 165, MBE2017-31, pp. 69-72, 2017年7月.
資料番号 MBE2017-31 
発行日 2017-07-22 (BioX, MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2017-22 MBE2017-31

研究会情報
研究会 MBE BioX  
開催期間 2017-07-29 - 2017-07-29 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima University 
テーマ(和) ME,バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) ME, Biometrics, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2017-07-MBE-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 没入型ヘッドマウントディスプレイと浮遊感覚が脳波に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of immersive head mounted display and floating feeling on electroencephalography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 没入型ヘッドマウントディスプレイ / Immersive Head Mounted Display  
キーワード(2)(和/英) チェアハンモック / Chair Hammock  
キーワード(3)(和/英) 浮遊感覚 / Floating Feeling  
キーワード(4)(和/英) 脳波 / Electroencephalography  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅澤 俊介 / Shunsuke Umezawa / ウメザワ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 亮太 / Ryota Horie / ホリエ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-29 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-BioX2017-22,IEICE-MBE2017-31 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.164(BioX), no.165(MBE) 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-BioX-2017-07-22,IEICE-MBE-2017-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会