電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 12:45
n素子並列システムにおけるカスケード故障の尤度比検定を用いた発生検知に関する一考察
太田修平木村光宏法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 並列システムにおいて,各素子がカスケード故障を起こす場合,そのシステムは独立故障を想定した場合の信頼性を発揮できない.従って,素子のカスケード故障の発生が確認された場合,信頼性工学の観点からは,その要因は排除されることが望ましい.ところが,実際に素子の故障が観測されたときに,その故障が設計通りであるか,それとも,カスケード故障であるかの定量的な評価は難しい.既存の手法としては,K-S検定を用いた統計的な評価手法が提案されている.本研究は,さらなる評価精度の向上を目的として,尤度比検定を用いて,素子の故障発生時刻が得られるごとに,その寿命分布のパラメータ推定を行い,直前までに推定したパラメータの値との乖離の統計的な有意性を評価することによって,カスケード故障の発生を検知する手法を提案する.そして,数値実験を行い,提案手法と既存の手法との精度比較を行う. 
(英) If a cascading failure occurs in components of a parallel system, the system cannot deliver the designed reliability. Although the factors of the cascading failure should be ideally eliminated after their occurrences, it is difficult to quantitatively evaluate whether or not the cascading failure occurs in the components. In our previous research, we proposed a statistical detection method of the cascading failure occurrence by using Kolmogorov- Smirnov test. In this research, we develop another detection method based on likelihood-ratio test in order to detect the cascading failure occurrence more accurately.
キーワード (和) 尤度比検定 / 並列システム / カスケード故障 / 従属故障解析 / / / /  
(英) likelihood-ratio test / parallel system / cascading failure / dependent failure analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 161, R2017-14, pp. 1-6, 2017年7月.
資料番号 R2017-14 
発行日 2017-07-21 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2017-07-28 - 2017-07-28 
開催地(和) 稚内サンホテル 
開催地(英) Wakkanai Sun Hotel 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2017-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) n素子並列システムにおけるカスケード故障の尤度比検定を用いた発生検知に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A note on a detection method of cascading failure-occurrences in n-component parallel systems by using likelihood-ratio test 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 尤度比検定 / likelihood-ratio test  
キーワード(2)(和/英) 並列システム / parallel system  
キーワード(3)(和/英) カスケード故障 / cascading failure  
キーワード(4)(和/英) 従属故障解析 / dependent failure analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 修平 / Shuhei Ota / オオタ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 12:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2017-14 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会