お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 09:50
モバイルセンシングと機械学習を用いた通信品質に基づくユーザ行動推定
川上 航金井謙治Wei Bo甲藤二郎早大CS2017-34
抄録 (和) 本稿では,実環境にてスマートフォンを使用し,通信品質情報とセンサー情報を収集し,通信品質とユーザ行動状態の関係の解析を行う.通信品質情報として,映像配信時のスループット履歴,RSSI,基地局情報を,センサー情報として,3軸加速度センサーを収集する.解析には機械学習を用いて,収集した通信品質情報からユーザの行動推定を行うことを提案する.さらに,加速度センサーを用いた行動推定との精度比較を行う.評価にはSVM, K-NN, RFの3種類のアルゴリズムを使用する.評価結果より,通信品質による行動推定精度は93%以上で,加速度センサーによる推定よりも優れていることを実証した. 
(英) In this paper, we recognized human moving patterns based on communication quality, such as cellular download throughputs, Received Signal Strength Indicators (RSSIs) and cellular base station IDs. To construct classifier, we apply three machine learning algorithms, such as Support Vector Machine (SVM), K-Nearest Neighbor (KNN) and Random Forest (RF). Evaluation results conclude that the communication quality, especially cellular base station IDs, contribute to recognition of moving patterns with high accuracy.
キーワード (和) モバイルセンシング / 通信品質 / 行動推定 / 機械学習 / / / /  
(英) Human activity recognition / Mobile sensing / Communication quality / Machine learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 156, CS2017-34, pp. 111-116, 2017年7月.
資料番号 CS2017-34 
発行日 2017-07-20 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2017-34

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2017-07-27 - 2017-07-28 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue Bunka Kaikan 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルセンシングと機械学習を用いた通信品質に基づくユーザ行動推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Human Moving Pattern Recognition Based on Communication Quality Using Mobile Sensing and Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルセンシング / Human activity recognition  
キーワード(2)(和/英) 通信品質 / Mobile sensing  
キーワード(3)(和/英) 行動推定 / Communication quality  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 航 / Wataru Kawakami / カワカミ ワタル
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Wei Bo / Wei Bo / Wei Bo
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2017-34 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.156 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2017-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会