電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 16:50
ベイズ理論による離散化モデルに基づいたソフトウェア信頼性評価
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウェア信頼性評価が期待される離散化信頼性モデルに基づいた信頼性評価尺度の区間推定手法について議論する.今回議論する非同次ポアソン過程に従う信頼性モデルでは,モデルに含まれるパラメータや信頼性評価尺度の確率分布を解析的に導出できないことが知られている.本研究では,実際に観測されたフォールト発見数データに基づいてモデルパラメータや信頼性評価尺度の確率分布を尤度に基づいて更新する仕組みをベイズ理論に基づいて議論する.さらに,マルコフ連鎖モンテカルロ法のひとつとして知られているギブス・サンプリングを用いながら,モデルパラメータおよび信頼性評価尺度の事後分布を評価することでそれらの区間推定を行う.最後に,実際に観測されたフォールト発見数データを用いて,今回議論したアプローチに対する数値例を示す. 
(英) We discuss an interval estimation approach for model parameters and software reliability assessment measures of a discretized software reliability model, which has a consistency with an actual collecting activity of discrete software fault-count data and is expected to conduct highly-accurate assessment of software reliability. The interval estimation must be useful for conducting software reliability assessment because most of software reliability data are incomplete. Concretely speaking, we derive conditional probability distributions of model parameters by following the Bayes' theory. Then, we apply the Gibbs sampling method, which is one of the Markov chain Monte Carlo (MCMC) method, for sampling the model parameters from the derived conditional probability distributions of model parameters. The probability distributions of model parameters can be obtained through this procedures. Further, this paper shows numerical examples of our approach by using actual fault count data.
キーワード (和) ソフトウェア信頼性モデル / ソフトウェア信頼性評価 / 離散化モデル / 区間推定 / マルコフ連鎖モンテカルロ法 / / /  
(英) Software reliability model / Software reliability assessment / Discretized model / Interval estimation / Markov chain Monte Carlo method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 161, R2017-23, pp. 55-60, 2017年7月.
資料番号 R2017-23 
発行日 2017-07-21 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2017-07-28 - 2017-07-28 
開催地(和) 稚内サンホテル 
開催地(英) Wakkanai Sun Hotel 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2017-07-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ベイズ理論による離散化モデルに基づいたソフトウェア信頼性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Software Reliability Assessment Based on a Discretized Model by Bayes' Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア信頼性モデル / Software reliability model  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア信頼性評価 / Software reliability assessment  
キーワード(3)(和/英) 離散化モデル / Discretized model  
キーワード(4)(和/英) 区間推定 / Interval estimation  
キーワード(5)(和/英) マルコフ連鎖モンテカルロ法 / Markov chain Monte Carlo method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真二 / Shinji Inoue / イノウエ シンジ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 茂 / Shigeru Yamada / ヤマダ シゲル
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2017-23 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会