電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 16:40
3GHz帯から28GHz帯 屋内環境伝搬チャネルの遅延・到来方位角特性
齋藤健太郎Panawit Hanpinitsak高田潤一東工大)・Wei FanGert F. PedersenAalborg Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システム等の次世代移動通信システムでは,ネットワーク通信容量の抜本的な向上のためミリ波帯無線の利用が注目されている.ミリ波帯無線は,従来のセルラーネットワークで用いられてきたマイクロ波帯無線に比べて,反射,回折,散乱,透過等の伝搬特性が大きく異なるため,無線通信ネットワークを構成するにあたってはその差異を明確化する事が重要である.
筆者らの研究グループでは,上記問題を解明するためsuper high frequency(SHF)帯の複数の周波数において伝搬チャネル測定を行ってきた.本稿では,屋内環境において3GHz帯,10GHz帯,28GHz帯のsingle-input multiple-output (SIMO)チャネル測定を行ったため報告する.測定は円筒形の仮想アレーを用い,同一の地点,同一の周波数帯域の条件で行った.測定データより伝搬チャネルの遅延及び3次元の到来方位角特性を算出し,高周波数帯では電力遅延プロファイルの減衰定数が大きくなる事,
また正規反射波の信号成分が顕著である事を示した.解析結果は今後のミリ波帯無線通信ネットワークの構成法等への適用が期待される. 
(英) In the fifth-generation mobile communication system (5G), the utilization of millimeter wave band is highly expected to increase its communication capacity drastically. Because the radio propagation mechanism in the millimeter wave band is quite different from the conventional microwave band, it is the crucial issue to clarify how it differs in various conditions for validating the network deployment strategy. Author's research group has conducted channel measurements in several super high frequency (SHF) bands and investigated the frequency characteristics of the propagation channel to solve the issue.
In this paper, we conducted the single-input multiple-output (SIMO) channel measurements in 3 GHz, 10 GHz and 28 GHz bands in a small room environment.
The measurements were conducted by forming the cylindrical virtual array at the same antenna position and in the same measurement bandwidth. The measurement results showed that the decay factor of the power delay profile was large, and the specular reflection signal component was significant in the higher frequency band. The results are expected to be utilized for the system deployment issue for the millimeter wave communication system.
キーワード (和) 高周波数帯電波伝搬 / MIMO チャネルモデル / チャネル周波数特性 / 3 次元 MIMO チャネルモデル / / / /  
(英) Millimeter wave propagation / MIMO channel model / Frequency dependency / 3D MIMO Channel Model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 150, AP2017-65, pp. 111-116, 2017年7月.
資料番号 AP2017-65 
発行日 2017-07-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2017-07-26 - 2017-07-28 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 3GHz帯から28GHz帯 屋内環境伝搬チャネルの遅延・到来方位角特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Delay and Directional Characteristics of Propagation Channels from 3GHz Band to 28GHz Band in Indoor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高周波数帯電波伝搬 / Millimeter wave propagation  
キーワード(2)(和/英) MIMO チャネルモデル / MIMO channel model  
キーワード(3)(和/英) チャネル周波数特性 / Frequency dependency  
キーワード(4)(和/英) 3 次元 MIMO チャネルモデル / 3D MIMO Channel Model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Panawit Hanpinitsak / Panawit Hanpinitsak /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Wei Fan / Wei Fan /
第4著者 所属(和/英) Aalborg University (略称: Aalborg Univ.)
Aalborg University (略称: Aalborg Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Gert F. Pedersen / Gert F. Pedersen /
第5著者 所属(和/英) Aalborg University (略称: Aalborg Univ.)
Aalborg University (略称: Aalborg Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-65 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会