お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 11:15
対面式の窓口会話に対する話者の出現パターンに着目したダイアライゼーション
渡部瑞季NTTドコモ)・安藤厚志神山歩相名小橋川 哲青野裕司NTT)・大庭隆伸礒田佳徳NTTドコモSP2017-19
抄録 (和) 本研究では,携帯電話の販売店など,話者が対面する窓口会話における話者ダイアライゼーションに取り組んだ. 窓口会話の話者ダイアライゼーションは,話者同士の発話のオーバーラップが頻発する難易度の高いタスクである.本稿では,話者の出現パターンに着目したダイアライゼーション手法を提案する.提案法では,窓口担当者の交代頻度が低い点を利用し,周辺時間帯の推定結果を考慮して最終的な話者ラベルを決定する.さらに,顧客については,「原則1人の窓口担当者のみから応対を受けるため,発話時間が窓口担当者の交替時刻をまたぐことは殆どない」「顧客は同日に時間をおいて複数回登場することは殆どない」といった出現パターンに着目し,窓口担当者の発話区間推定後,各窓口担当者の出現時間帯毎に,発話開始時刻の近さを考慮した話者クラスタリングを行う.実験では,携帯電話の販売店窓口の模擬会話データに対し,ダイアライゼーションエラー 12.9%を達成した. 
(英) This paper proposes a speaker diarization method for face-to-face dialogue of service counters using appearance pattern of speakers. In face-to-face dialog by a customer and an agent at service counters such as mobile phone shops and bank tellers, overlapping speech often occurs and makes speaker diarization difficult. To achieve an accurate diarization, our proposed method utilizes appearance pattern of speakers. Taking into account that agents do not frequently change their places, final agent-speaker labels are decided using context of estimated speaker labels. With customers, a customer only talks to a single agent and does not appear twice or more times in a day in most cases. Therefore, the proposed method first estimates segments of agents and then clustering of the customer speeches is applied to each of the segments, in which the clustering is performed so that near speeches are clustered in the same cluster. Consequently, our proposed method achieves 12.9% of diarization error rate on the simulated dialogue data of service counters of mobile phone shops.
キーワード (和) ダイアライゼーション / 窓口会話 / 話者認識 / i-vector / / / /  
(英) Diarization / Conversation at service counters / Speaker recognition / i-vector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 160, SP2017-19, pp. 21-26, 2017年7月.
資料番号 SP2017-19 
発行日 2017-07-20 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2017-19

研究会情報
研究会 SP IPSJ-SLP  
開催期間 2017-07-27 - 2017-07-28 
開催地(和) 秋保リゾート ホテルクレセント 
開催地(英) Akiu Resort Hotel Crescent 
テーマ(和) 認識,理解,対話,一般 
テーマ(英) Speech recognition and understanding, dialog system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2017-07-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対面式の窓口会話に対する話者の出現パターンに着目したダイアライゼーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speaker Diarization for Face-to-Face Dialog of Service Counters Based on Appearance Pattern of Speakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイアライゼーション / Diarization  
キーワード(2)(和/英) 窓口会話 / Conversation at service counters  
キーワード(3)(和/英) 話者認識 / Speaker recognition  
キーワード(4)(和/英) i-vector / i-vector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 瑞季 / Mizuki Watabe / ワタベ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 厚志 / Atsushi Ando / アンドウ アツシ
第2著者 所属(和/英) NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 歩相名 / Hosana Kamiyama / カミヤマ ホサナ
第3著者 所属(和/英) NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋川 哲 / Satoshi Kobashikawa / コバシカワ サトシ
第4著者 所属(和/英) NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 裕司 / Yushi Aono / アオノ ユウシ
第5著者 所属(和/英) NTTメディアインテリジェンス研究所 (略称: NTT)
NTT Media Intelligence Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大庭 隆伸 / Takanobu Oba / オオバ タカノブ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 佳徳 / Yoshinori Isoda / イソダ ヨシノリ
第7著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2017-19 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2017-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会