電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-28 15:25
ノンパラメトリック最尤推定量を用いたソフトウェアバグの逐次予測
齋藤靖洋海上保安大)・土肥 正広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,グループデータを用いてソフトウェア信頼性を定量的に評価するため,非同次ポアソン過程(NHPP) に基づくソフトウェア信頼性モデルのノンパラメトリック推定量を利用した逐次予測手法の提案を行う.特に,ノンパラメトリック推定量の中でも最も古典的なナイーブ推定量及び制約付きノンパラメトリック最尤推定量に基づくソフトウェアバグ数の予測を行う.具体的なアイディアは,現在時刻で推定した故障強度関数の移動平均を用いて,次の時刻におけるソフトウェアバグ数の予測を行うものである.実際のソフトウェア開発プロジェクトで観測されたグループデータを用いた数値例を通じて,従来のパラメトリックモデルと比較した場合の提案手法の優位性を示す. 
(英) In this paper we propose sequential prediction methods with nonparametric estimator of non-homogeneous poisson process (NHPP)-based software reliability models to assess software reliability quantitatively with grouped data. Especially, we focus on prediction of the number of software bugs based on a naive estimator or a constrained nonparametric maximum likelihood estimator which is the most typical one in nonparametric estimator. More specifically, we predict the number of software bugs in the next time instant, taking account of the moving average of estimated failure intensity function at present time. Through numerical examples with grouped data which are observed in actual software development projects, it is revealed the superiority of proposed prediction method based on nonparametric estimator compared with parametric ones.
キーワード (和) ソフトウェア信頼性 / 非同次ポアソン過程 / ナイーブ推定量 / 制約付きノンパラメトリック最尤推定量 / バグ個数データ / 逐次予測 / /  
(英) Software reliability / Non-homogeneous poisson process / Naive estimator / Constrained nonparametric maximum likelihood estimator / Grouped data / Sequential prediction / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 161, R2017-20, pp. 37-42, 2017年7月.
資料番号 R2017-20 
発行日 2017-07-21 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2017-07-28 - 2017-07-28 
開催地(和) 稚内サンホテル 
開催地(英) Wakkanai Sun Hotel 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2017-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノンパラメトリック最尤推定量を用いたソフトウェアバグの逐次予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sequential prediction of software bug via nonparametric maximum likelihood estimator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア信頼性 / Software reliability  
キーワード(2)(和/英) 非同次ポアソン過程 / Non-homogeneous poisson process  
キーワード(3)(和/英) ナイーブ推定量 / Naive estimator  
キーワード(4)(和/英) 制約付きノンパラメトリック最尤推定量 / Constrained nonparametric maximum likelihood estimator  
キーワード(5)(和/英) バグ個数データ / Grouped data  
キーワード(6)(和/英) 逐次予測 / Sequential prediction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 靖洋 / Yasuhiro Saito / サイトウ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 海上保安大学校 (略称: 海上保安大)
Japan Coast Guard Academy (略称: JCGA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土肥 正 / Tadashi Dohi / ドヒ タダシ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-28 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2017-20 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会