お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-27 14:00
平行な2つのダイポールアンテナ間のkQ積の数値解析
水野正隆坂井尚貴大平 孝豊橋技科大AP2017-56
抄録 (和) 電力伝送効率の最大値を支配するkQ積はWPTシステムにおいて重要な性能評価指標である.本稿では,WPTの基本送受電構造のひとつとして平行に配置された2つのダイポールアンテナを考える.モーメント法シミュレータを用いて電磁界解析行うことにより,このアンテナ対の自己インピーダンスと相互インピーダンスを計算する.これらの結果からkQ積を算出し,そのアンテナ構造特性依存性について調べる.アンテナ構造パラメータとkQ積の関係を表す数式モデルを提案する. 
(英) The kQ product dominating the maximum value of the power transmission efficiency is an important performance evaluation index in the WPT system. In this paper, we analyze electromagnetic field coupling characteristics of parallel dipole antenna pair as a basic scheme for WPT. We investigate the relationship between kQ product and the antenna structure parameters from the electromagnetic field analysis on self and mutual impedance. We propose an explicit mathematical model representing the relationship.
キーワード (和) 無線電力伝送 / kQ積 / ダイポールアンテナ / 数式モデル / / / /  
(英) WPT / kQ product / dipole antenna / mathematical model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 150, AP2017-56, pp. 59-62, 2017年7月.
資料番号 AP2017-56 
発行日 2017-07-19 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2017-56

研究会情報
研究会 AP SAT SANE  
開催期間 2017-07-26 - 2017-07-28 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) リモートセンシング,電波伝搬,一般, 衛星通信 
テーマ(英) Remote sensing, Radio propagation, Antennas and Propagation, Sattelite Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-07-AP-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 平行な2つのダイポールアンテナ間のkQ積の数値解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) kQ Product Simulation for Parallel Dipole Antenna Pair 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / WPT  
キーワード(2)(和/英) kQ積 / kQ product  
キーワード(3)(和/英) ダイポールアンテナ / dipole antenna  
キーワード(4)(和/英) 数式モデル / mathematical model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 正隆 / Masataka Mizuno / ミズノ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 尚貴 / Naoki Sakai / サカイ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-27 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-56 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会