お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-27 14:50
凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点と周波数評価
田中雄介北田純一小倉幸夫ジャパンプローブUS2017-40
抄録 (和) 凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点位置について、曲率半径の異なる探触子の焦点位置を調べた。設計時のパラメータとして音響レンズ型集束超音波探触子の時と同様に開口角を設定し、開口角が小さい場合は焦点位置が波長の影響を受けることを確かめた。焦点位置は直接波とエッジ波により形成され、開口角が小さいとエッジ波の影響が大きくなる。エッジ波の影響が大きい場合、焦点位置は超音波の波長により変化するが波長を計算するために求める周波数は評価法により数値が異なる。JISでは反射信号をFFTして周波数を求めているが、波長を求めるには信号周期から計算したほうがよい。 
(英) The focal position of the focused ultrasonic probe using a concave transducer was investigated for the focal points of probes with different radius of curvature. The aperture angle was set as in the case of the acoustic lens type focused ultrasonic probe as the parameter at design time, and when the aperture angle was small, it was confirmed that the focal position was influenced by the wavelength. The focal position is formed by a direct wave and an edge wave, and when the aperture angle is small, the influence of the edge wave becomes large. When the influence of the edge wave is large, the focal position varies depending on the wavelength of the ultrasonic wave, but the frequency to calculate the wavelength differs according to the evaluation method. In the JIS standard, the frequency is obtained by FFT of the reflection signal, but in calculating the wavelength it is better to calculate from the signal period.
キーワード (和) 集束超音波 / 探触子 / 焦点 / 周波数 / エッジ波 / / /  
(英) Focused Ultrasonic / Ultrasonic Probe / Focal Point / Frequency / Edge Wave / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 155, US2017-40, pp. 49-53, 2017年7月.
資料番号 US2017-40 
発行日 2017-07-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-40

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-07-27 - 2017-07-27 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 物性、一般 (共催:日本レオロジー学会ナノレオロジー研究会・音波と物性討論会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-07-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 凹型振動子を用いた集束超音波探触子の焦点と周波数評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Focus and Frequency Evaluation of Focused Ultrasonic Probe Using Concave Transducer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集束超音波 / Focused Ultrasonic  
キーワード(2)(和/英) 探触子 / Ultrasonic Probe  
キーワード(3)(和/英) 焦点 / Focal Point  
キーワード(4)(和/英) 周波数 / Frequency  
キーワード(5)(和/英) エッジ波 / Edge Wave  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雄介 / Yuusuke Tanaka / タナカ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) ジャパンプローブ株式会社 (略称: ジャパンプローブ)
Japan Probe Co., Ltd. (略称: Japan Probe)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北田 純一 / Junnichi Kitada / キタダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) ジャパンプローブ株式会社 (略称: ジャパンプローブ)
Japan Probe Co., Ltd. (略称: Japan Probe)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 幸夫 / Yukio Ogura / オグラ ユキオ
第3著者 所属(和/英) ジャパンプローブ株式会社 (略称: ジャパンプローブ)
Japan Probe Co., Ltd. (略称: Japan Probe)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-27 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-40 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.155 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2017-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会