お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-26 16:15
デジタル温度電圧センサにおける温度2点補正手法の検討
三宅庸資佐藤康夫梶原誠司九工大DC2017-19
抄録 (和) VLSI稼働時のチップの温度と電圧を測定するため,リングオシレータ(RO: Ring Oscillator)を利用したデジタルセンサが提案されている.デジタルセンサの測定精度は,一般に製造バラツキが影響するが,それを低減する手法として,初回に特定の温度・電圧の測定条件1点における測定値を補正に利用するキャリブレーション手法が有力である.微細テクノロジでは,トランジスタにおける閾値電圧の温度依存性の影響が顕在化して,RO周波数の温度依存性や電圧依存性の傾向が逆転する場合もあるため,1点の測定値による補正では微細テクノロジ特有のRO特性や製造バラツキの影響による特性変動に十分に対応することができない.本論文では,異なる温度2点の測定条件に対する測定値を利用したキャリブレーション手法について考察し,測定精度等の評価を行う.また,本手法に用いる温度2点の測定点の選択方法が測定精度に与える影響を評価し,補正に用いる2点の適切な選択方法について検討する. 
(英) A measurement method of a digital sensor using ring oscillators to measure a temperature and a voltage of a VLSI was proposed. In order to reduce the influence of process variations on measurement accuracy, a calibration method that uses an initial measurement value of each sensor was adopted. However, as the CMOS technology grows, the influence for threshold voltage of a transistor increases, and a temperature dependence and a voltage dependence of the RO frequency may be reversed. Therefore, the conventional calibration method cannot well correspond with the RO characteristics and the influence of manufacturing variations in the ultra-fine CMOS technology. Then, this paper discusses a calibration method using two measurement values, and evaluates its effectiveness using SPICE simulation in 45 nm CMOS technology. In addition, the paper discusses an appropriate selection method of two values for the method, by evaluating an influence of the method on accuracy.
キーワード (和) 温度センサ / 電圧センサ / リングオシレータ / 完全デジタル設計 / フィールドテスト / / /  
(英) Temperature sensor / Voltage sensor / Ring Oscillator / Fully digital design / Field test / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 154, DC2017-19, pp. 19-24, 2017年7月.
資料番号 DC2017-19 
発行日 2017-07-19 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2017-19

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2017-07-26 - 2017-07-28 
開催地(和) 秋田アトリオンビル(秋田) 
開催地(英) Akita Atorion-Building (Akita) 
テーマ(和) 並列/分散/協調とディペンダブルコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Parallel, Distributed and Cooperative Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2017-07-CPSY-DC-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル温度電圧センサにおける温度2点補正手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Two-Temperature-Point Calibration Method for A Digital Temperature And Voltage Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 温度センサ / Temperature sensor  
キーワード(2)(和/英) 電圧センサ / Voltage sensor  
キーワード(3)(和/英) リングオシレータ / Ring Oscillator  
キーワード(4)(和/英) 完全デジタル設計 / Fully digital design  
キーワード(5)(和/英) フィールドテスト / Field test  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 庸資 / Yousuke Miyake / ミヤケ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 康夫 / Yasuo Sato / サトウ ヤスオ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶原 誠司 / Seiji kajihara / カジハラ セイジ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-26 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2017-19 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.154 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2017-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会