電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 09:15
V2Vネットワーク信頼性向上のためのマルチアンテナ逐次干渉除去に関する研究
右手達也渡辺裕太佐藤光哉藤井威生電通大)・清水崇之アルトゥンタシュ オヌルトヨタIT開発センターSR2017-58
抄録 (和) 協調型自動運転システムなど将来の交通システムの高度化に向けて,高信頼な車車間(V2V: Vehicle-to-Vehicle)通信への期待が高まっている.車車間通信の標準規格であるIEEE 802.11pではアクセス制御方式として,車両同士がチャネル状況を認識して同時送信を回避するブロードキャスト型CSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)が採用されている.しかし都市部のように通信トラフィックが増大した場合,信号衝突による通信の信頼性低下が問題となる.そこで,信号衝突を許容する逐次干渉除去(SIC: Successive Interference Cancellation)が注目を集めている.受信電力ベースのSICは,受信された混成信号のうち復調可能で電力が最大の信号を復調し,これを混成信号から除去する,というプロセスを逐次的に行うことで同時送信を可能にする.
しかし,受信電力ベースのSICにおいて,隠れ端末問題のように受信信号間の電力差が小さくなる場合,混成信号自体が復調できず通信の信頼性が低下する.
そこで本研究では,2本の指向性アンテナを用いたマルチアンテナ受信により,信号間の電力差をアンテナ毎に変化させ,SIC可能な信号を選択,復調することでSICの性能改善と通信の信頼性向上を図る. 
(英) In this paper, we discuss the reliability of V2V (Vehicle-to-Vehicle) communications for realizing cooperative automated vehicles with wireless connection. In IEEE 802.11p which standardizes physical and MAC layer specifications of V2V communications, broadcast CSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance) is adopted as an access control scheme. However, when communication traffic increases, multiple signals from multiple vehicles collide and communication reliability decreases. In order to solve this problem, SIC (Successive Interference Cancellation) is widely studied as a technique to enable simultaneous transmission by demodulating multiple signals from mixed signals. However, the mixed signals cannot be demodulated when the difference of the received power of both signals is small, under the environment of hidden node problem.
In this research, in order to improve SIC efficiency and its reliability, we propose multiple directional antenna systems which make the received power difference and choose the signal being able to demodulate, by assuming that receiving vehicle is equipped with two antennas and SIC function.
キーワード (和) 逐次干渉除去 / マルチアンテナ / 車車間通信 / / / / /  
(英) Successive Interference Cancellation / Multi-Antenna / Vehicle-to-Vehicle Communications / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 133, SR2017-58, pp. 173-178, 2017年7月.
資料番号 SR2017-58 
発行日 2017-07-12 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2017-58

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) V2Vネットワーク信頼性向上のためのマルチアンテナ逐次干渉除去に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Antenna Successive Interference Cancellation to improve reliability of V2V Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逐次干渉除去 / Successive Interference Cancellation  
キーワード(2)(和/英) マルチアンテナ / Multi-Antenna  
キーワード(3)(和/英) 車車間通信 / Vehicle-to-Vehicle Communications  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 右手 達也 / Tatsuya Ute / ウテ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 裕太 / Yuta Watanabe / ワタナベ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 光哉 / Koya Sato / サトウ コウヤ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 崇之 / Takayuki Shimizu / シミズ タカユキ
第5著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: Toyota InfoTechnology Center)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) アルトゥンタシュ オヌル / Onur Altintas / アルトゥンタシュ オヌル
第6著者 所属(和/英) トヨタIT開発センター (略称: トヨタIT開発センター)
Toyota InfoTechnology Center (略称: Toyota InfoTechnology Center)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2017-58 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.133 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会