電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 14:20
作業支援のための視線追跡に基づく注視安定性の分析
日比雅仁工藤博章松本哲也名大)・竹内義則大同大)・大西 昇名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 作業中の注視行動は,作業者の知識や経験に基づいた熟練度によって異なる.
本報告では,熟練度による注視行動の違いに着目し作業支援に活用することを目標として,視線追跡に基づいた作業者の注視行動の安定性の分析を行った.簡易な卓上作業に対する作業者の視線データを視線追跡装置を用いて記録し,注視点の分布や視線移動を分析した.
その結果,注視頻度が高いほど注視率が高くなり平均注視時間が長くなるほど注視率が高い傾向を得た.このとき注視の頻度と平均時間の間に正の相関が見られた.また,頻度が高いほど視線が安定する傾向が見られた. 
(英) There are differences depending on a proficiency level based on knowledge and experiences of workers in gaze behaviors during a work.
In this report, we focused on the difference in gaze behaviors based on a proficiency level with the aim of utilizing it for work assistance. We analyzed the stability of gaze behaviors of workers based on gaze tracking. We recorded the eye-tracking data of workers for a simple table-top work using the eye-tracking device, and analyzed the distribution of gaze point and eye movement.
As a result, we found that the gaze rate increases as the gaze frequency increases or as the average gaze time increases. A positive correlation is observed between the frequency and the average time of gaze. We also observed a tendency that gaze stability gets higher as the frequency increases.
キーワード (和) 視線計測 / 注視行動 / 視線分析 / 作業支援 / / / /  
(英) eye tracking / eye gaze behavior / gaze analysis / work assistance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 144, IMQ2017-7, pp. 11-14, 2017年7月.
資料番号 IMQ2017-7 
発行日 2017-07-14 (IMQ, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ HIP  
開催期間 2017-07-21 - 2017-07-21 
開催地(和) 札幌市立大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Satellite Campus, Sapporo City University 
テーマ(和) ヒューマン情報処理とイメージメディアクオリティ 
テーマ(英) Human Information Processing and Image Media Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2017-07-IMQ-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 作業支援のための視線追跡に基づく注視安定性の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Gaze Stability based on Gaze Tracking for Work Assistance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線計測 / eye tracking  
キーワード(2)(和/英) 注視行動 / eye gaze behavior  
キーワード(3)(和/英) 視線分析 / gaze analysis  
キーワード(4)(和/英) 作業支援 / work assistance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比 雅仁 / Masahito Hibi / ヒビ マサヒト
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博章 / Hiroaki Kudo / クドウ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 哲也 / Tetsuya Matsumoto / マツモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 義則 / Yoshinori Takeuchi / タケウチ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 昇 / Noboru Ohnishi / オオニシ ノボル
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2017-7,IEICE-HIP2017-49 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.144(IMQ), no.145(HIP) 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2017-07-14,IEICE-HIP-2017-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会