お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 15:35
モバイルエッジコンピューティング環境に適したタスクスケジューリングの一検討
菅原大輔関西大)・柳生智彦NEC)・山本 幹関西大NS2017-68
抄録 (和) モバイル端末の高性能化に伴い,ユーザの近くに偏在するモバイル端末を利用して分散処理を実現する概念がいくつか提案されている.このような環境では,処理結果を他のプロセッサに転送する通信時間が,有線環境に比較して大きくなるため,どのタスクをどのプロセッサに割り当てるかというタスクスケジューリングにおいて通信時間を考慮する必要がある.本稿では,DAG(Directed Acyclic Graph)で表現されるタスクの処理フローであるワークフローに対し,下位に位置するタスクから順次プロセッサを割り当てることで,処理結果の集約されるタスクとその処理結果を送出するタスクをできるだけ同一プロセッサに割り当てることができ,集約されるデータ転送の通信量を削減する手法を提案する.簡単な性能評価により,本手法により通信量を削減でき,結果的にワークフローのクリティカルパスの処理時間を削減できることを示す. 
(英) Mobile edge computing which enables distributed computing with high performance mobile devices has been attractive recently. In mobile edge computing environment, communication cost is relatively increased when compared with wired networks. In this paper, we propose a new task scheduling algorithm for mobile distributed computing in heterogeneous computing and communication environment. Our proposed algorithm assigns an adequate processor to tasks in upward direction from the lowest task in DAG (Directed Acyclic Graph) of workflow so that a task receiving aggregated data from upward adjacent tasks is tried to be assigned to the same processor as these adjacent tasks. This strategy of assigning these tasks to the same processor leads to reduction of data transmission among mobile terminals. Our preliminary evaluation with simple workflow model shows that our proposed algorithm improves communication costs and surpasses a conventional task scheduling algorithm in terms of total execution time.
キーワード (和) モバイルエッジコンピューティング / タスクスケジューリング / / / / / /  
(英) Mobile Edge Computing / Task Scheduling / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 131, NS2017-68, pp. 199-204, 2017年7月.
資料番号 NS2017-68 
発行日 2017-07-12 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2017-68

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルエッジコンピューティング環境に適したタスクスケジューリングの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Task Scheduling for Mobile Edge Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルエッジコンピューティング / Mobile Edge Computing  
キーワード(2)(和/英) タスクスケジューリング / Task Scheduling  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 大輔 / Daisuke Sugahara / スガハラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳生 智彦 / Tomohiko Yagyu / ヤギュウ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.131 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会