電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 10:40
複数無線方式冗長送信を用いた高信頼・低遅延無線アクセスの他システム干渉下における遅延特性評価
宗 秀哉納谷麻衣子藤田隆史吉澤健人清水敬司NTTRCC2017-42
抄録 (和) 高信頼と低遅延が要求されるミッションクリティカルなInternet of Things(IoT)サービスを実現するため,複数バンドを同時使用して同一パケットを冗長送信する無線方式を提案する.高信頼・低遅延無線では,パケットの送受信をある一定の時間内に完了させることが要求されている.自システム内端末同士の干渉や他システムからの干渉などによる信頼性低下を防ぐため,再送などにより信頼性を向上させる手法が検討されているが,受信完了までにかかる遅延時間が増大することが問題となり,高信頼と低遅延はトレードオフの関係となる.本論文では,複数バンドを同時に使用することができる無線機を用いて,同一パケットを同時に複数バンドを用いて送信することにより冗長化を図り,信頼性を向上させ,正常受信するまでにかかる時間を短くする無線方式を提案する.自システムが帯域を使用する時間率と他システムからの干渉の時間率の関係を定式化し,複数バンド使用時における許容干渉量の条件を明らかにする. 
(英) This report proposes a radio access scheme utilizing duplicated transmission at multiband to achieve mission-critical Internet of Things (IoT) services requiring a highly reliability and low latency. In the highly reliability and low latency wireless access, the packet transmission which is completed within a desired transmission delay is required. To prevent degraded reliability due to interference from inter system and other systems, the retransmission technique for improving the reliability has been studied. However, it is problem that the transmission delay is increased by the retransmission. The highly reliability and low latency is a trade-off relationship. The proposed radio access scheme uses multiband with multiple transmitter and transmits duplicated packets. The proposed
scheme increases the reliability and decreases the transmission delay. We have evaluated the relationship between the time rate of proposed system and that of other systems, and revealed the allowable interference quantity in multiband.
キーワード (和) Internet of Things(IoT) / 高信頼 / 低遅延 / 冗長送信 / 複数バンド / / /  
(英) Internet of Things (IoT) / highly reliable / low latency / duplicated transmission / multiband / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 130, RCC2017-42, pp. 155-160, 2017年7月.
資料番号 RCC2017-42 
発行日 2017-07-12 (RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2017-42

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数無線方式冗長送信を用いた高信頼・低遅延無線アクセスの他システム干渉下における遅延特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Delay Performance Evaluation under Interference from Other System of Highly Reliable and Low Latency Radio Access Scheme by Utilizing Duplicated Transmissions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Internet of Things(IoT) / Internet of Things (IoT)  
キーワード(2)(和/英) 高信頼 / highly reliable  
キーワード(3)(和/英) 低遅延 / low latency  
キーワード(4)(和/英) 冗長送信 / duplicated transmission  
キーワード(5)(和/英) 複数バンド / multiband  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 納谷 麻衣子 / Maiko Naya / ナヤ マイコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 隆史 / Takafumi Fujita / フジタ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 健人 / Kento Yoshizawa / ヨシザワ ケント
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2017-42 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.130 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会