お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 09:15
Analysis of Classification Accuracy and Distinguishability for Subsampling in Active Sensing
Tin PetrovicHiroyuki MorikawaUniv. of TokyoASN2017-51
抄録 (和) In this paper we continue our previous research on classification of electric loads in a smart house towards improving the flexibility of the electric grid and increasing potential FDR resources. We expand on previous research to not only show the potential benefits, but to also demonstrate that it is possible to achieve much faster classification speed than previously demonstrated. We show how selective subsampling of Active Sensing can improve classification of certain classifiers while not significantly affecting accuracy by, evaluating several different classification approaches and algorithms for speed and accuracy with different subsampling approaches. 
(英) In this paper we continue our previous research on classification of electric loads in a smart house towards improving the flexibility of the electric grid and increasing potential FDR resources. We expand on previous research to not only show the potential benefits, but to also demonstrate that it is possible to achieve much faster classification speed than previously demonstrated. We show how selective subsampling of Active Sensing can improve classification of certain classifiers while not significantly affecting accuracy by, evaluating several different classification approaches and algorithms for speed and accuracy with different subsampling approaches.
キーワード (和) Energy monitoring / Sensors / / / / / /  
(英) Energy monitoring / Sensors / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 134, ASN2017-51, pp. 187-192, 2017年7月.
資料番号 ASN2017-51 
発行日 2017-07-12 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-51

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Classification Accuracy and Distinguishability for Subsampling in Active Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Energy monitoring / Energy monitoring  
キーワード(2)(和/英) Sensors / Sensors  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Tin Petrovic / Tin Petrovic /
第1著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroyuki Morikawa / Hiroyuki Morikawa /
第2著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-51 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.134 
ページ範囲 pp.187-192 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会