電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 13:20
LPWA(CSS変調方式)の復調方法とマルチホップ方法の検討 ~ CSSパケット衝突の回避と転送方法の提案 ~
竹内嘉彦日本無線)・廖 椿豪鈴木 誠森川博之東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) LPWAの通信方式のひとつCSS変調と,多値FMデータ変調(M-ary)を組み合わせた方式について検討した.マッチドフィルタを用いた復調が有効で,M-ary個のマッチドフィルタを用いる復調方式は,データ判定点のみの演算で済み,1個のマッチドフィルタを用いる場合と演算量で差異が無い.また,マッチドフィルタを復調に用いることにより,シンボル時間に比較して充分高い時間精度(1/2SF 例えばSF=7~12)で時刻同期が可能であり,同期性が要求されるセンサネットワークには有効な特徴となる.更に,多値FM変調の周波数利用効率改善のため,複数chirp信号を多重化する方法を検討し,帯域幅の逆数以上の時間差で送信すれば,重複された信号の分離が可能で,これを用いたCSS方式での同時送信型のマルチホップ伝送方式を提案した. 
(英) In this work, we investigate a LPWA communication system that combines the chirp spread spectrum (CSS) and M-ary FSK modulation. We consider the matched filter (MF) has an effective CSS demodulator. The computational complexity of M-bank MF array with outputting only the data decision point is equivalent to the one MF implementation. Moreover, by using the MF, it is possible to achieve timing synchronization with an accuracy higher than the symbol time, which makes it feasible to be applied to sensor networks that require stringent concurrency. Furthermore, in order to improve the spectral efficiency of the M-ary FSK, we investigate a multiplexing scheme that uses multiple chirp signals. By inserting a timing lag longer than the inverse of the bandwidth, it is possible to separate the overlapped signal, and we propose a multi-hop concurrent transmission scheme with CSS.
キーワード (和) IoT / LPWA / チャープ / CSS / 多重化 / 同時送信 / マルチホップ /  
(英) Internet of Things / Low Power Wide Area / chirp spread spectrum / CSS / multiplexing / concurrent transmission / multi-hop /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 132, RCS2017-138, pp. 233-238, 2017年7月.
資料番号 RCS2017-138 
発行日 2017-07-12 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LPWA(CSS変調方式)の復調方法とマルチホップ方法の検討 
サブタイトル(和) CSSパケット衝突の回避と転送方法の提案 
タイトル(英) Demodulation Method of LPWA (Chirp Spread Spectrum)Signals and Multi-hop Transmisson Method 
サブタイトル(英) Proposal of a Packet Collision Avoidance of CSS Signals and CSS-Packet Forwarding Method 
キーワード(1)(和/英) IoT / Internet of Things  
キーワード(2)(和/英) LPWA / Low Power Wide Area  
キーワード(3)(和/英) チャープ / chirp spread spectrum  
キーワード(4)(和/英) CSS / CSS  
キーワード(5)(和/英) 多重化 / multiplexing  
キーワード(6)(和/英) 同時送信 / concurrent transmission  
キーワード(7)(和/英) マルチホップ / multi-hop  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 嘉彦 / Yoshihiko Takeuchi / タケウチ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co., Ltd. (略称: JRC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廖 椿豪 / Chun-Hao Liao / リャウ シュンハウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 誠 / Makoto Suzuki / スズキ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 博之 / Hiroyuki Morikawa / モリカワ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2017-46,IEICE-NS2017-63,IEICE-RCS2017-138,IEICE-SR2017-61,IEICE-ASN2017-54 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.130(RCC), no.131(NS), no.132(RCS), no.133(SR), no.134(ASN) 
ページ範囲 pp.179-184(RCC), pp.169-174(NS), pp.233-238(RCS), pp.191-196(SR), pp.205-210(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2017-07-12,IEICE-NS-2017-07-12,IEICE-RCS-2017-07-12,IEICE-SR-2017-07-12,IEICE-ASN-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会