お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 13:40
[ポスター講演]汎用PCにおける超音波を用いたジェスチャー検出に関する一検討
有働篤人青木直史土橋宜典山本 強北大EA2017-18
抄録 (和) 消費者向け電子デバイスが普及する中,人と機械の自然なコミュニケーションの方法としてジェスチャーが注目されている.しかし,ジェスチャーを認識するシステムには,「明るくないと動作しない」などの制限がついていた.本著で扱うAudioGestは汎用PCやスマートフォンに備え付けられているスピーカーとマイクの対を使用し,ドップラー効果を利用してユーザーのハンドジェスチャーを検出するシステムであり,従来の手法にあった問題を解決している.本著では,このシステムを実装し,様々な環境下でその機能性を検証する. 
(英) The booming of consumer electronic devices led to hand gestures being focused on as a natural means of man-machine communication. However, previous gesture-detecting systems had restrictions such as “not being able to use in dark places.” In this study, we discuss AudioGest, which is the system which utilizes pairs of a speaker and a microphone built into personal computers or smartphones to detect user’s hand gestures by Doppler shift effect. This system overcomes the problems the previous methods had. We implement the system to verify its functionality under several environments.
キーワード (和) ハンドジェスチャー / 音声 / マイク / FFT / ドップラー効果 / / /  
(英) Hand Gestures / Audio / Microphone / FFT / Doppler Effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-18, pp. 103-106, 2017年7月.
資料番号 EA2017-18 
発行日 2017-07-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-18

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-07-20 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 汎用PCにおける超音波を用いたジェスチャー検出に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on gesture detection system using ultrasonic waves on commodity PC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハンドジェスチャー / Hand Gestures  
キーワード(2)(和/英) 音声 / Audio  
キーワード(3)(和/英) マイク / Microphone  
キーワード(4)(和/英) FFT / FFT  
キーワード(5)(和/英) ドップラー効果 / Doppler Effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有働 篤人 / Atsuhito Udo / ウドウ アツヒト
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 直史 / Naofumi Aoki / アオキ ナオフミ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土橋 宜典 / Yoshinori Dobashi / ドバシ ヨシノリ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 強 / Tsuyoshi Yamamoto / ヤマモト ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 13:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-18 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2017-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会