お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 12:05
高解像測定システムを用いた管楽器の音響特性評価に関する一検討
真鍋友花馬込智瑛荻野秀哉大久保 寛首都大東京EA2017-12
抄録 (和) 楽器の材質がもたらす音色への影響について,古くから多くの議論がなされてきている.しかし,それらの報告の多くは,可聴域の周波数帯において録音・評価をしているものがほとんどである.一方,最近のICTの発展に伴い,高解像録音再生技術が様々なシステムに利用可能になりつつある.また,近年,ABS樹脂を使用したプラスティック製の低価格版の管楽器が登場し,入手のしやすさから教育用や屋外用として利用されてきており,音色や吹奏感などにおいて,従来の材質でできた楽器との違いに関心が向けられている.そこで本研究では,研究グループが有する音波無響室において,192kHz/24bit の高解像録音システムおよび振動ピックアップを使用し,可聴音域外の周波数帯も含めた音響特性解析を行った.楽器は,トランペット,クラリネット,アルトサックスの3種類の管楽器について,それぞれ従来の材質でできた楽器と樹脂製の楽器を使用した.低ノイズの無響室内で計測したことにより,どの楽器も可聴域外の倍音成分を計測することができた.さらに可聴域外の倍音成分が楽器の音響特性を比較するうえで必要である可能性が指摘できた.また低価格版の楽器と従来製の楽器との比較では,音圧時間波形や周波数振幅特性により,材質による特徴を指摘した.さらに,楽音の録音における,768kHz/32bit 超高解像録音の有用性について考察を行い,精度の高い測定につながる可能性があることを示した. 
(英) For the past several decades, many studies have been reported about the influence of the material of musical instruments on the timbre. In most of these reports, however, they investigated the effects in the audible frequency band. With the recent development of information and communication technology, high resolution recording and reproducing technology is becoming available for various systems. And in recent years, reasonable price version of wind instruments made of plastic (ABS resin) has appeared, which is used for educational and outdoor applications because of its ease of availability. In this study, we analyzed the acoustic characteristics including the inaudible frequency band using 192 kHz / 24 bit high resolution measurement system and vibration pickup in an acoustic anechoic chamber. We used conventional and resinous instruments for the three types of wind instruments such as trumpet, clarinet and alto saxophone. Harmonic overtone components in the inaudible range were measured for any instrument, which seems to be necessary for comparison of the acoustic characteristics of musical instruments. We examined the usefulness of 768 kHz / 32 bit super high resolution recording method in the measurement of musical sounds.
キーワード (和) 無響室 / 高解像録音 / 管楽器 / トランペット / サックス / クラリネット / 樹脂製楽器 / プラスティック  
(英) anechoic chamber / high resolution / wind instrument / trumpet / saxophone / clarinet / ABS resinous instruments / plastic  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-12, pp. 69-74, 2017年7月.
資料番号 EA2017-12 
発行日 2017-07-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-12

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-07-20 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高解像測定システムを用いた管楽器の音響特性評価に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Evaluation of Acoustic Characteristics of Wind Instruments Using High Resolution Measurement System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無響室 / anechoic chamber  
キーワード(2)(和/英) 高解像録音 / high resolution  
キーワード(3)(和/英) 管楽器 / wind instrument  
キーワード(4)(和/英) トランペット / trumpet  
キーワード(5)(和/英) サックス / saxophone  
キーワード(6)(和/英) クラリネット / clarinet  
キーワード(7)(和/英) 樹脂製楽器 / ABS resinous instruments  
キーワード(8)(和/英) プラスティック / plastic  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 友花 / Yuka Manabe / マナベ ユカ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬込 智瑛 / Tomoaki Magome / マゴメ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻野 秀哉 / Shuya Ogino / オギノ シュウヤ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / オオクボ カン
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 12:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-12 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会