電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-21 13:45
セルラネットワークの確率幾何解析の基礎
山本高至京大RCC2017-47 NS2017-64 RCS2017-139 SR2017-62 ASN2017-55
抄録 (和) セルラネットワークにおける干渉や信号対干渉雑音電力比の解析手法である確率幾何解析を,文献に基づき紹介する.特に,モンテカルロ法との関係,ポアソン点過程,キャンベルの定理や確率母汎関数,ラプラス変換などが用いられる理由や,マルチユーザスケジューリングの解析について解説する. 
(英) Stochastic geometry, which is used to analyze the interference and signal-to-interference-plus-noise power ratio, is introduced. The relation between stochastic geometry analysis and the Monte Carlo method, Poisson point process, Campbell's theorem, probability generating functional, Laplace transforms, analysis of multi-user scheduling are explained.
キーワード (和) 確率幾何解析 / セルラネットワーク / 干渉 / / / / /  
(英) Stochastic geometry analysis / cellular networks / interference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 134, ASN2017-55, pp. 211-216, 2017年7月.
資料番号 ASN2017-55 
発行日 2017-07-12 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2017-47 NS2017-64 RCS2017-139 SR2017-62 ASN2017-55

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルラネットワークの確率幾何解析の基礎 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Elements of Stochastic Geometry Analysis of Cellular Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率幾何解析 / Stochastic geometry analysis  
キーワード(2)(和/英) セルラネットワーク / cellular networks  
キーワード(3)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-21 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-RCC2017-47,IEICE-NS2017-64,IEICE-RCS2017-139,IEICE-SR2017-62,IEICE-ASN2017-55 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.130(RCC), no.131(NS), no.132(RCS), no.133(SR), no.134(ASN) 
ページ範囲 pp.185-190(RCC), pp.175-180(NS), pp.239-244(RCS), pp.197-202(SR), pp.211-216(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2017-07-12,IEICE-NS-2017-07-12,IEICE-RCS-2017-07-12,IEICE-SR-2017-07-12,IEICE-ASN-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会