電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-20 15:30
TMSにおける刺激条件の差異による脳内誘導電界の検討
濱坂厚志ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
抄録 (和) 近年,医療分野において,脳を非侵襲的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)が挙げられる.TMSとは,頭部近傍にコイルを配置し,コイルに電流を流した際に発生する磁界の変化により脳内に電流を誘導し,大脳を刺激する手法である.この手法は,脳機能の診断や脳障害のリハビリテーション方策などでの有効性が示されており,8の字型のコイルなどを用いることで局所的な刺激を実現している.しかしながら,脳は複雑な構造を有するため,コイルの位置や角度により刺激強度が異なる可能性がある.本稿では,TMSによる脳内誘導電界を様々な刺激条件において検討し,コイルの最適な位置,及び角度の評価を目的とする. 具体的には,18体のリアル人体頭部モデルを用い,脳内誘導電界の距離依存性およびコイルの最適角度についての検討を行った.その結果,脳内誘導電界の距離依存性はモデルによるばらつきは小さいこと,電界を最も強く誘導するコイルの角度が脳回の形状によって異なること,などが分かった.また,特定の領域において,モデルに共通するコイルの最適角度を標準脳にマッピングした. 
(英) Transcranial magnetic stimulation (TMS) is a noninvasive technique used for treatment depression and diagnosis brain function. However, the stimulation intensity may be different depending on coil orientation. The aim of this study is to evaluate the induced electric field in the brain by TMS under various stimulation conditions and determine the optimal orientation of the coil. We created 18 realistic human head models and 6,900 scenarios of the TMS exposure were considered. As a result, the distance dependence of induced electric field is considered to be almost uneven due to the model. Also, it was found that the angle of the coil which induces the maximum electric field differs depending on the shape of the gyrus. In the specific region, the optimal coil angle common to most head models was projected on the standard brain.
キーワード (和) 経頭蓋磁気刺激法 / SPFD法 / リアル人体頭部モデル / / / / /  
(英) transcranial magnetic stimulation / scalar potential finite difference(SPFD) method / realistic human head model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 142, EST2017-15, pp. 41-44, 2017年7月.
資料番号 EST2017-15 
発行日 2017-07-13 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MWP OPE EMT MW EST IEE-EMT  
開催期間 2017-07-20 - 2017-07-21 
開催地(和) 帯広商工会議所 
開催地(英) Obihiro Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2017-07-MWP-OPE-EMT-MW-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TMSにおける刺激条件の差異による脳内誘導電界の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Induced Electric Field in Brain Due to Different Stimulation Conditions during TMS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経頭蓋磁気刺激法 / transcranial magnetic stimulation  
キーワード(2)(和/英) SPFD法 / scalar potential finite difference(SPFD) method  
キーワード(3)(和/英) リアル人体頭部モデル / realistic human head model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱坂 厚志 / Atsushi Hamasaka / ハマサカ アツシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ゴメスタメス ホセ / Jose Gomez-Tames / ゴメスタメス ホセ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ラークソ イルッカ / Ilkka Laakso / ラークソ イルッカ
第3著者 所属(和/英) アールト大学 (略称: アールト大)
Aalto University (略称: Aalto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-20 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMT2017-13,IEICE-MW2017-38,IEICE-OPE2017-18,IEICE-EST2017-15,IEICE-MWP2017-15 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.139(EMT), no.140(MW), no.141(OPE), no.142(EST), no.143(MWP) 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMT-2017-07-13,IEICE-MW-2017-07-13,IEICE-OPE-2017-07-13,IEICE-EST-2017-07-13,IEICE-MWP-2017-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会