電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-20 11:05
[ポスター講演]マルチバンド方式における非線形歪雑音電力制御による伝送効率改善効果
音地純平冨里 繁上原一浩岡山大
抄録 (和) 本研究では,無線通信システムで複数の周波数帯(マルチバンド)を同時に用いて通信を行うマルチバンド方式について,非線形歪雑音電力制御による伝送効率改善効果を評価する.本研究で用いるマルチバンド方式では,信号帯域外を使用する既存の優先システムへの干渉電力を低減するため,使用帯域の一部を利用して帯域外雑音低減用信号を生成する.この手法を用いた計算機シミュレーションの評価結果から,受信電力比が-30dBの優先システムにおいてSN比を14.3dB改善し,通信容量を44%改善できることを明らかにした. 
(英) This paper evaluates transmission efficiency improvement by non-linear distortion noise power control for multiple frequency band transmission which simultaneously uses plural frequency bands in wireless communication systems. The control method generates out-of-band noise reduction signals using a part of used signal bands to reduce harmful interference in existing primary systems. The Signal-to-Noise Ratio (SNR) and transmission capacity of the primary system with the method is evaluated by computer simulations. The results of computer simulations show that the method can improve them by 14.3 dB and 44 % at the receiving power ratio of -30 dB.
キーワード (和) マルチバンド伝送 / OFDM / 帯域外輻射 / / / / /  
(英) Multi-Band Transmission / OFDM / Out-of-Band Distortion Noise / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 133, SR2017-47, pp. 125-128, 2017年7月.
資料番号 SR2017-47 
発行日 2017-07-12 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチバンド方式における非線形歪雑音電力制御による伝送効率改善効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Efficiency Improvement by Non-Liner Distortion Noise Power Control in Multi-Band Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチバンド伝送 / Multi-Band Transmission  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) 帯域外輻射 / Out-of-Band Distortion Noise  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 音地 純平 / Jumpei Onji / オンジ ジュンペイ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨里 繁 / Shigeru Tomisato / トミサト シゲル
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 一浩 / Kazuhiro Uehara / ウエハラ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-20 11:05:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2017-32,IEICE-NS2017-53,IEICE-RCS2017-124,IEICE-SR2017-47,IEICE-ASN2017-41 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.130(RCC), no.131(NS), no.132(RCS), no.133(SR), no.134(ASN) 
ページ範囲 pp.113-116(RCC), pp.127-130(NS), pp.167-170(RCS), pp.125-128(SR), pp.145-148(ASN) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCC-2017-07-12,IEICE-NS-2017-07-12,IEICE-RCS-2017-07-12,IEICE-SR-2017-07-12,IEICE-ASN-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会