電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-20 11:05
[ポスター講演]有線・無線協調ネットワーク復旧システムのMACレベルスループット特性
丸田一輝千葉大)・中山 悠東大)・堤 卓也京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自然災害時の通信インフラ損傷によるFTTH (Fiber To The Home) 等の有線ネットワークの広範囲障害に対して,迅速な通信復旧は非常に重要である.この課題に対して筆者らは,有線・無線ネットワークの協調により迅速かつ広帯域の復旧を実現可能なNeCo (Network Cooperation) システムを提案している.広範囲に配置されたユーザ側装置間で無線接続を行い,迂回経路を確立し迅速な通信復旧を実現する.本システムにおいて,リンク品質を考慮した線形計画法に基づくルーティング手法を提案し,スループット期待値として優位であることを示している.本稿では,無線インターフェースにIEEE802.11無線LANを想定し,CSMA/CA (carrier sense multiple access with collision avoidance)の動作を考慮したシステムレベルスループットを評価し,提案ルーティング法の有効性を検証した結果を報告する.システムスループットの改善効果は確認できた一方,複数の生存ノードに接続する被災ノードにおけるスループット改善効果は限定的となることが確認された. 
(英) We present practical MAC level throughput performance of wired and wireless network cooperation (NeCo) system, which realizes quick recover civilian telecommunication services in the aftermath of a catastrophic disaster. The proposed NeCo system achieves both rapid recovery and high throughput using wireless bypass routes backhauled by wired networks. We previously proposed linear programming based bypassing method considering wireless link throughput and verified its effectiveness achieving superior throughput performance compared to existing one. Meanwhile, its practical performance including upper layer behavior should be further investigated. As a wireless function, we assumed IEEE 802.11ac wireless LAN which can be mounted at low-cost with energy efficient for emergency use. This presentation evaluates its MAC level throughput via event-driven simulator implemented carrier sense multiple access with collision avoidance (CSMA/CA) behavior. Results confirm our proposed bypassing method can enhance system throughput compared to the existing one.
キーワード (和) 災害復旧 / 有線・無線 / ネットワーク協調 / IEEE802.11 / / / /  
(英) Disaster Recovery / Wired and Wireless / Network Cooperation / IEEE802.11 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 132, RCS2017-118, pp. 145-146, 2017年7月.
資料番号 RCS2017-118 
発行日 2017-07-12 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS ASN RCC RCS SR  
開催期間 2017-07-19 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-07-NS-ASN-RCC-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有線・無線協調ネットワーク復旧システムのMACレベルスループット特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MAC Level Throughput Performance on Wired and Wireless Network Cooperation Recovery System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害復旧 / Disaster Recovery  
キーワード(2)(和/英) 有線・無線 / Wired and Wireless  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク協調 / Network Cooperation  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.11 / IEEE802.11  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堤 卓也 / Takuya Tsutsumi / ツツミ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-20 11:05:00 
発表時間 90 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2017-26,IEICE-NS2017-47,IEICE-RCS2017-118,IEICE-SR2017-41,IEICE-ASN2017-35 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.130(RCC), no.131(NS), no.132(RCS), no.133(SR), no.134(ASN) 
ページ範囲 pp.91-92(RCC), pp.105-106(NS), pp.145-146(RCS), pp.103-104(SR), pp.123-124(ASN) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2017-07-12,IEICE-NS-2017-07-12,IEICE-RCS-2017-07-12,IEICE-SR-2017-07-12,IEICE-ASN-2017-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会