お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-20 15:00
[招待講演]VOCODER再訪 ~ なぜ元の音声の位相を保存したくないのか ~
河原英紀和歌山大EA2017-4
抄録 (和) およそ80年前に発明された音声分析(変換)合成システムであるVOCODERは、音声の理解と応用に強力な基盤を提供してきた。近年の深層学習の急速な進展を背景に、一旦はその歴史的役割を終えるかに見えたVOCODERは、新たな役割を担いつつある。ここでは、その新たな役割について、これまでに筆者が開発してきたツールと現在開発中のツールのの紹介を通じて議論したい。 
(英) VOCODER is a framework invented for narrow band communication about 80 years ago. It has been providing a productive basis for speech research and applications. It also will play another productive roles in the age of deep learning, a rapidly expanding research and deployment framework. I would like to introduce a perspective on new roles of VOCODER, based on reviewing of research tools, which I developed and am currently developing.
キーワード (和) 音声 / 位相 / スペクトル / 瞬時周波数 / 群遅延 / 標本化 / 深層学習 /  
(英) speech / phase / sectrum / instantaneous frequency / group delay / sampling / deep learning /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 138, EA2017-4, pp. 21-26, 2017年7月.
資料番号 EA2017-4 
発行日 2017-07-13 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-4

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-07-20 - 2017-07-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-07-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VOCODER再訪 
サブタイトル(和) なぜ元の音声の位相を保存したくないのか 
タイトル(英) Revisiting VOCODER 
サブタイトル(英) Why I intentionally discard the original phase of the original speech? 
キーワード(1)(和/英) 音声 / speech  
キーワード(2)(和/英) 位相 / phase  
キーワード(3)(和/英) スペクトル / sectrum  
キーワード(4)(和/英) 瞬時周波数 / instantaneous frequency  
キーワード(5)(和/英) 群遅延 / group delay  
キーワード(6)(和/英) 標本化 / sampling  
キーワード(7)(和/英) 深層学習 / deep learning  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-20 15:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-4 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会