お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-20 09:00
[招待講演]V/UHF帯におけるRoF応用事例と次世代通信への課題
今荘義弘スタック電子EMT2017-6 MW2017-31 OPE2017-11 EST2017-8 MWP2017-8 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2017-6 MW2017-31 OPE2017-11 EST2017-8 MWP2017-8
抄録 (和) RoF (Radio over Fiber)は、高周波信号をサブキャリアとしてアナログ光変調を行い、光ファイバを伝送路として遠隔地へ効率良く伝送する技術である。大容量化に伴うマイクロ波、ミリ波帯無線通信の実用化と共に、光ファイバの低損失、広帯域特性を活かす信号伝送方式として改めて注目されている.本稿では主に携帯電話、CATVを除くV/UHF帯高周波伝送でのRoF応用事例とミリ波帯での先駆的事例と課題について述べる. 
(英) RoF technology is efficient RF signal transmission method using optical fiber. It is receiving a lot of attention as one of the RF signal delivering method in microwave and millimeter-wave region. In this paper, some applications using RoF technology in VHF and UHF bands and pioneer work in millimeter-wave region are introduced.
キーワード (和) RoF / Radio over Fiber / 高周波信号伝送 / 無線通信 / 計測信号伝送 / / /  
(英) RoF / Radio over Fiber / RF transmission / Wireless communicatons / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 143, MWP2017-8, pp. 1-4, 2017年7月.
資料番号 MWP2017-8 
発行日 2017-07-13 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2017-6 MW2017-31 OPE2017-11 EST2017-8 MWP2017-8 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2017-6 MW2017-31 OPE2017-11 EST2017-8 MWP2017-8

研究会情報
研究会 MWP OPE EMT MW EST IEE-EMT  
開催期間 2017-07-20 - 2017-07-21 
開催地(和) 帯広商工会議所 
開催地(英) Obihiro Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2017-07-MWP-OPE-EMT-MW-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) V/UHF帯におけるRoF応用事例と次世代通信への課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of RoF technique in V/UHF band and some problems for next generation wireless communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RoF / RoF  
キーワード(2)(和/英) Radio over Fiber / Radio over Fiber  
キーワード(3)(和/英) 高周波信号伝送 / RF transmission  
キーワード(4)(和/英) 無線通信 / Wireless communicatons  
キーワード(5)(和/英) 計測信号伝送 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今荘 義弘 / Yoshihiro Imajo / イマジョウ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) スタック電子株式会社 (略称: スタック電子)
Stack Electronics Co,Ltd. (略称: Stack Electronics)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-20 09:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-EMT2017-6,IEICE-MW2017-31,IEICE-OPE2017-11,IEICE-EST2017-8,IEICE-MWP2017-8 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.139(EMT), no.140(MW), no.141(OPE), no.142(EST), no.143(MWP) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMT-2017-07-13,IEICE-MW-2017-07-13,IEICE-OPE-2017-07-13,IEICE-EST-2017-07-13,IEICE-MWP-2017-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会