電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-19 10:05
車車間・歩車間通信を利用した衝突警告アプリケーションにおける緊急車対応のための適応的な中継方式
平井健士村瀬 勉名大
抄録 (和) 車車間・歩車間通信を利用した衝突警告アプリケーションにおいて、緊急車のような高速車が存在するときに収容台数が低下してしまう問題への対策として、中継確率を利用した適応的な中継方式が提案されている。しかし、従来研究では評価モデルが単純であるため、適応的な中継方式の性能評価が不十分であるという課題があった。そこで本稿では、評価モデルを改善し、適応的な中継方式のより現実的な性能を評価する。性能評価の結果、適応的な中継方式は、中継しない場合よりも高い収容台数を達成でき、少数の高速車が多くの低速車の中にあっても収容台数を低下させないための有効な手法であることが判明した。 
(英) In Crash Warning Application using Vehicle-to-Everything(V2X), fast vehicles (such as emergency vehicles) cause reducing the number of accommodated terminals. In solving this problem, the adaptive relay method was proposed. However, the performance of the method was not fully revealed since the evaluation model is too simple. In this paper, we investigate the performance of the method by evaluating with a realistic model. As a result of the evaluation, the method can accommodate the larger number of terminals than a non-relay method. We conclude that the method is effective to avoid reducing the number of accommodated terminals for a few fast vehicles in many slow vehicles.
キーワード (和) 車車間通信 / 歩車間通信 / DSRC / IEEE802.11p / 衝突警告 / 輻輳制御 / QoS / 中継  
(英) V2V / V2P / DSRC / IEEE802.11p / crash warning / congestion control / QoS / relay  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 129, IN2017-22, pp. 19-24, 2017年7月.
資料番号 IN2017-22 
発行日 2017-07-11 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2017-07-18 - 2017-07-19 
開催地(和) 日赤北海道看護大 
開催地(英) Japan Red Cross Hokkaido College of Nursing 
テーマ(和) 看護・医療とICT、 クラウドネットワーク技術、SDN、OpenFlow、プライベートネットワーク(VPN)、オーバーレイネットワーク・P2P、ネットワーク構成技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-07-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間・歩車間通信を利用した衝突警告アプリケーションにおける緊急車対応のための適応的な中継方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Frame Relaying for Emergency Vehicles in Crash Warning Application in V2X Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / V2V  
キーワード(2)(和/英) 歩車間通信 / V2P  
キーワード(3)(和/英) DSRC / DSRC  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.11p / IEEE802.11p  
キーワード(5)(和/英) 衝突警告 / crash warning  
キーワード(6)(和/英) 輻輳制御 / congestion control  
キーワード(7)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(8)(和/英) 中継 / relay  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 健士 / Takeshi Hirai / ヒライ タケシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-19 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-22 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.129 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会