お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-14 11:15
情報フローティングのシステム開発と実験による評価
柄沢直之中谷内健斗蒲生基司宮北和之中野敬介新潟大)・田村 裕中大ICTSSL2017-27
抄録 (和) 情報フローティングとは,エピデミック通信を特定の領域に制限することで,不必要な拡散を防ぎながら,特定領域の不特定ノードへの情報配信を可能とする手法である.本報告では,情報フローティングを行うプロトタイプシステムを作製し,実験により評価することを目指す.情報フローティングは,通信手段にBluetooth,位置情報取得にGPSを利用したAndroidのアプリケーションとして開発する.これを実装したAndroid端末による実験を行い,端末同士で情報を伝達する機能と送信可能エリアかどうかを判定する機能について評価し,実際に情報フローティングを運用したときの特性を考察する.さらに,実験結果を反映したモデルでシミュレーションを行い,情報フローティングにどのように影響するかについても考察する. 
(英) Information floating permits mobile nodes to transmit information only in the target area. By doing this, information floating can deliver information to mobile nodes passing around the target area preventing the meaningless spread of information. In this report, we develop a prototypic information floating system and evaluate the system by experiments. An application of information floating is developed as an Android application with Bluetooth and GPS. We perform experiments using smartphones with the developed application, and evaluate performances of direct communication between nodes and positioning to judge whether current position of a node is contained the transmittable area. We consider characteristics of the information floating system. Furthermore, we consider simulation models reflecting the experiment results.
キーワード (和) 情報フローティング / エピデミック通信 / 実験的評価 / Bluetooth / GPS / / /  
(英) information floating / epidemic transmission / experimental evaluation / Bluetooth / GPS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 124, ICTSSL2017-27, pp. 55-60, 2017年7月.
資料番号 ICTSSL2017-27 
発行日 2017-07-06 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2017-27

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) 通信システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2017-07-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報フローティングのシステム開発と実験による評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Experimental Evaluation of an Information Floating System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報フローティング / information floating  
キーワード(2)(和/英) エピデミック通信 / epidemic transmission  
キーワード(3)(和/英) 実験的評価 / experimental evaluation  
キーワード(4)(和/英) Bluetooth / Bluetooth  
キーワード(5)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柄沢 直之 / Naoyuki Karasawa / カラサワ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷内 健斗 / Kento Nakayachi / ナカヤチ ケント
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 蒲生 基司 / Motoshi Gamo / ガモウ モトシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮北 和之 / Kazuyuki Miyakita / ミヤキタ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 裕 / Hiroshi Tamura / タムラ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-14 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2017-27 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.124 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2017-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会