電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-13 14:15
安全・安心な建物IoTシステム実現に向けた圧電センサと機械学習による建屋状態検知の実地基礎検証
大岩 凌岸 朔矢橋爪洋一郎中嶋宇史崔 彰訓伊藤拓海山本貴博長谷川幹雄河原尊之東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 建物の耐震安全性向上や自然災害からの迅速な復旧を可能にするIoTと人工知能を活用した安全・安心な建物システム(知能住宅)の実現に向け,大分県国東市に木造建屋を建設し実地検証を行っている.本研究では,その基礎検討として建屋に取り付けた圧電センサの振動応答波形を用いて機械学習により振動源の識別を行った.その結果,圧電センサ1つの振動波形のみで振動源及び建屋の状態の一部を識別可能であることが分かった. 
(英) We have constructed a wooden building in Kunisaki City, Oita Prefecture and are doing field verifications in order to realize a safe and secure building system (intelligent housing) that makes use of IoT and artificial intelligence that makes it possible to improve the seismic safety of buildings and to recover quickly from natural disasters. In this study, vibration sources were identified by machine learning using the vibration response waveform of a piezoelectric sensor attached to the building. As a result, it was found that the vibration source and a part of the state of building can be identified by the vibration waveforms of a piezoelectric sensor.
キーワード (和) 知能住宅 / 圧電センサ / 機械学習 / IoT / / / /  
(英) Intelligent housing / Piezoelectric Sensor / Machine Learning / IoT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 124, ICTSSL2017-20, pp. 17-20, 2017年7月.
資料番号 ICTSSL2017-20 
発行日 2017-07-06 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) 通信システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2017-07-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安全・安心な建物IoTシステム実現に向けた圧電センサと機械学習による建屋状態検知の実地基礎検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic Practical Verification of Building State Detection using Piezoelectric Sensor and Machine Learning aiming to Realize Safe and Secure Building IoT System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 知能住宅 / Intelligent housing  
キーワード(2)(和/英) 圧電センサ / Piezoelectric Sensor  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大岩 凌 / Ryo Oiwa / オオイワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 朔矢 / Sakuya Kishi / キシ サクヤ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋爪 洋一郎 / Yoichiro Hashizume / ハシヅメ ヨウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中嶋 宇史 / Takashi Nakajima / ナカジマ タカシ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 彰訓 / ChangHoon Choi / チェ チャンフン
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 拓海 / Takumi Ito / イトウ タクミ
第6著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 貴博 / Takahiro Yamamoto / ヤマモト タカヒロ
第7著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 幹雄 / Mikio Hasegawa / ハセガワ ミキオ
第8著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 尊之 / Takayuki Kawahara / カワハラ タカユキ
第9著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-13 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2017-20 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.124 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ICTSSL-2017-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会