電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-07 09:00
仮想マシンとホスト間の通信に着目した段階的なパケット集約によるNFV効率化手法
田口雄規川島龍太名工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・松尾啓志名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Network Functions Virtualization (NFV) を用いた環境では,ネットワーク機能を汎用サーバ上のアプリケーション (Virtual Network Function: VNF) として提供することで,機能拡張性の向上や機器運用コストの削減が可能である反面,ソフトウェア実装であるVNFのパケット転送性能が課題となる.また,ネットワークの上流部分に配置されているルータやゲートウェイなどのVNFにトラフィックが集中し,ネットワーク全体の性能低下が懸念される.そこで本稿では,各VNFにおいて,仮想マシン--ホスト間でのパケット転送時に次ホップ先のVNFが同じであるパケット群をカプセル化し,サービスチェーン内で段階的にパケット集約を行う手法を提案する.本手法は既存のパケット集約手法と比較して,VM形式のVNFにおけるパケット転送効率が向上するという特徴がある.性能評価を行った結果,物理ネットワーク中の総パケット数が最大80%削減され,VNF二台からなるサービスチェーン構成においてスループットが最大170%向上した. 
(英) Softwarization of existing network functions as Virtual Network Functions (VNFs) brings various advantages in network operation and management. However , commodity server-based VNFs have practical problems in that packet forwarding efficiency. Furthermore, overloads can occur at upper-stream VNFs because of the service-chaining nature. In this paper, we propose a novel packet aggregation method that encapsulates packets destined for a same next hop VNF without increasing latency. Encapsulation at network I/O processing between virtual machines and a host enables each hosts to aggregate short packets gradually through the service chain. Compared with another packet aggregation approach, this approach espessialy improves the efficiency of VM-base VNFs. Finally, the evaluation of the service chain consists of 2 VNFs shows that the throughput was improved by 170 % since the number of packets was reduced.
キーワード (和) NFV / サービスチェーン / パケット集約 / 仮想マシン / vhost-user / DPDK / VXLAN /  
(英) NFV / Service Chain / Packet Aggregation / virtual machine / vhost-user / DPDK / VXLAN /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 114, ICM2017-10, pp. 33-38, 2017年7月.
資料番号 ICM2017-10 
発行日 2017-06-29 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2017-07-06 - 2017-07-07 
開催地(和) 函館商工会議所 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2017-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想マシンとホスト間の通信に着目した段階的なパケット集約によるNFV効率化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient NFV using Gradual Packet Aggregation Approach Focusing on Network I/O Processing between VMs and a Host. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) サービスチェーン / Service Chain  
キーワード(3)(和/英) パケット集約 / Packet Aggregation  
キーワード(4)(和/英) 仮想マシン / virtual machine  
キーワード(5)(和/英) vhost-user / vhost-user  
キーワード(6)(和/英) DPDK / DPDK  
キーワード(7)(和/英) VXLAN / VXLAN  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 雄規 / Yuki Taguchi / タグチ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 龍太 / Ryota Kawashima / カワシマ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 裕貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 經正 / Tsunemasa Hayashi / ハヤシ ツネマサ
第4著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 啓志 / Hiroshi Matsuo / マツオ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-07 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2017-10 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2017-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会