電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-07 09:25
[奨励講演]vEPCサーバのリソース粒度と最適リソース割当の関係性
田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大
抄録 (和) 筆者らはこれまでに,M2M 端末およびスマートフォン等その他端末が混在するモバイルコアネットワークを対象とし,vEPC サーバにおけるMME およびS/P-GW の最適リソース割当方式を提案している.提案方式ではvEPC サーバの物理リソースを任意の粒度で分割可能であると仮定しており,最適リソース割当の導出には指数オーダの計算時間を要するため,リソース粒度が細かいほど柔軟なリソース割当変動が可能となるが,最適リソース割当の導出時間は増大する.本研究では,提案モデルにおける,vEPC サーバのリソース粒度の変動による,最適リソース導出所要時間およびトラヒック収容性能への影響に関し考察を行う.数値解析の結果,提案方式は既存検討と比較し,より粗いリソース粒度のモデル化であっても,実用上十分なトラヒック収容性能が得られることを,定量的に示した. 
(英) We have proposed a method for optimizing resource assignment of C-plane and D-plane Virtualized Network Functions (VNFs) in a vEPC server. We assume that the hardware resource of the vEPC server can be divided by any granularities, and an exponential time is required for calculation of the optimal resource assignment. A fine-grained resource granularity enables more flexible resource assignment, while a longer calculation time is required. In this paper, Numerical analysis for various resource granularities of the vEPC server is done and we investigate the effect of the resource granularity on the calculation time and traffic accommodation effect. Results of numerical analysis showed that our proposed method is effective even in a coarse-grain resource granularity.
キーワード (和) NFV / vEPC / M2M / 5G / 待ち行列理論 / / /  
(英) NFV / vEPC / M2M / 5G / Queueing theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 114, ICM2017-11, pp. 39-44, 2017年7月.
資料番号 ICM2017-11 
発行日 2017-06-29 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2017-07-06 - 2017-07-07 
開催地(和) 函館商工会議所 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2017-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) vEPCサーバのリソース粒度と最適リソース割当の関係性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between Resource Granularity of vEPC Server and Optimal Resource Assignment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) vEPC / vEPC  
キーワード(3)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(4)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(5)(和/英) 待ち行列理論 / Queueing theory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 和輝 / Kazuki Tanabe / タナベ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 裕貴 / Hiroki Nakayama / ナカヤマ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 經正 / Tsunemasa Hayashi / ハヤシ ツネマサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ボスコ・テクノロジーズ (略称: BOSCO)
BOSCO Technologies, Inc. (略称: BOSCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-07 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2017-11 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2017-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会