電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-06 14:15
装置故障の早期検知に向けた自律型ネットワーク保全システムの提案と実装
桑原世輝・○小田拓哉山田義朗川上 弥小林正啓NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークシステムは様々な所に広がり,また構成は複雑になっている一方で,高度な故障切り分けや保全作業を行えるオペレータの確保が困難になってきている.このため,運用負担は増加し,故障対応の遅れや根本原因の発見ができない,といった課題がある.本研究では,装置が設置されている場所の環境から得られる環境情報にも着目し,装置故障の早期検知や切り分けを自律的に行うシステムを提案する.本システムでは,装置やセンサから得られる情報の収集,情報の解析,装置への試験と制御,をサイクルとして繰り返し行い,サービスへの影響がある故障が発生する前に計画保守を行い予防保全を実現する.提案手法を用いたシステムをPoCとして実装を行い,故障検知に必要な原因切り分け作業が自律的に行われることを確認した. 
(英) While the network system has spread to various places and the architecture has been complicated, the number of system operators who can make advanced troubleshooting and maintenance work is decreasing. For this reason, the OPEX are increasing and it takes time to troubleshoot or it cannot find the root cause. In this research, we also focus on environmental information obtained from the environment in which the equipment is installed, and propose a system that autonomously detects device failure and troubleshoots early. Our proposal system causes to repeat a cycle that is comprised collecting information, analyzing information and testing and control equipment. The system implements proactive maintenance by operating scheduled maintenance before the failure which affects the service occurs. We implemented the system using the proposed method as PoC and confirmed that the troubleshooting and maintenance work are executed autonomously.
キーワード (和) 環境情報 / 計画保守 / 予防保全 / / / / /  
(英) environmental information / scheduled maintenance / proactive maintenance / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日 2017-06-29 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2017-07-06 - 2017-07-07 
開催地(和) 函館商工会議所 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2017-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 装置故障の早期検知に向けた自律型ネットワーク保全システムの提案と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Implementation of Autonomic Network Maintenance System for Device Failure Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 環境情報 / environmental information  
キーワード(2)(和/英) 計画保守 / scheduled maintenance  
キーワード(3)(和/英) 予防保全 / proactive maintenance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑原 世輝 / Seiki Kuwabara / クワバラ セイキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 拓哉 / Takuya Oda / オダ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 義朗 / Yoshiaki Yamada / ヤマダ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 弥 / Wataru Kawakami / カワカミ ワタル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正啓 / Shoukei Kobayashi / コアバヤシ ショウケイ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-06 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.114 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日 IEICE-ICM-2017-06-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会