お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-29 13:15
超解像機能搭載ハイビジョン・8K変換装置の開発
合志清一工学院大IE2017-25
抄録 (和) 8K は究極の映像として研究開発が進んでおり、2020 年に開催される東京オリンピックでは日本の技術を 世界に発信する目玉のひとつとして期待されている。しかし、8K は機材の価格・操作性によるコンテンツ不足や機材 の重量を原因とする報道番組における機動性の問題がし指摘されている。この状況は 1990 年代後半のハイビジョンが 置かれた状態に酷似している。ハイビジョン放送開始時点は NTSC・ハイビジョン変換映像がこの解決策であった。 NTSC・ハイビジョン変換は約5倍の拡大であり、変換映像にボケが発生するものの、結果的に許容された。しかし、 ハイビジョン・8K 変換はインタレースを考慮すると 32 倍の変換であり、8K に変換された映像は非常にぼけている。 本稿では、この変換された 8K 映像のボケを解決する手法を提案し、ハイビジョン・8K 変換をリアルタイムで処理可 能なハードウエアについて述べる。 
(英) 8K TV is currently under development and it will evetually become the ultimate broadcasting system. 8K broadcasting is planned to start in 2018 and by 2020 Tokyo Olimpics it is expected that the entire coverage will be broadcasted in 8K format. However, it is highly improble that the 8K equipment will reach maturing in terms of development and aviablity. When the 8K broadcasting starts, broadcasters have to cover all kind of content including news with 8K TV equipment. It is very difficult to create 8K content with the current 8K equipment becauseit is expensive, heavy and bulky. The current 8K situation is similar to that of HDTV in the 1990s. Upconverting analogue content to HDTV content was used to supplement the insufficient HDTV content. The HDTV content available currently is sufficient, and the equipment has also evolved to facilitate news coverage; therefore, an HDTV-to-8K TV upconverter can be a solution to the problems described above . However, upconversion from interlaced HDTV to 8K TV results in an enlargement of the images by a factor of 32, thus making the upconverted images very blurry. An upconverter with super resolution has been proposed in this study in order to fix this issue.
キーワード (和) 超解像 / ナイキスト周波数 / 映像のリアルタイム処理 / 8K / ハイビジョン / / /  
(英) Super Resolution / HDTV / Real-time Video Processing / Nyquist Frequency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 113, IE2017-25, pp. 1-5, 2017年6月.
資料番号 IE2017-25 
発行日 2017-06-22 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2017-25

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2017-06-29 - 2017-06-29 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英) Image processing, coding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2017-06-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超解像機能搭載ハイビジョン・8K変換装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-Time HDTV-to-8K Converter with Super Resolution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像 / Super Resolution  
キーワード(2)(和/英) ナイキスト周波数 / HDTV  
キーワード(3)(和/英) 映像のリアルタイム処理 / Real-time Video Processing  
キーワード(4)(和/英) 8K / Nyquist Frequency  
キーワード(5)(和/英) ハイビジョン /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 合志 清一 / Seiichi Gohshi / ゴウシ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-29 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2017-25 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.113 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IE-2017-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会