電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 11:20
システムスループットを最大化するサービスチャネル間の最適周波数帯域幅配分法の検討
水野翔太村松大陸東京理科大)・湯田泰明パナソニック)・樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システムでは,拡張されたモバイルブロードバンド(eMBB: enhanced mobile broadband)に加えて非常に高い同時接続性を有するマシン型通信(mMTC: massive machine-type communications)や超高品質低遅延通信(URLLC: ultra-reliable low latency communications)といった幅広い種別の無線通信サービスのサポートが期待されている.これらの無線通信サービスを収容する物理チャネル(サービスチャネル)は共有されるシステム帯域内に多重され,また各々の無線通信サービスは互いに異なる周波数利用効率と端末間の公平性といった要求条件を有すると考えられる.このため,システム全体の性能を最大化するためには,個々のサービスにおける要求条件,端末数およびチャネル状態を考慮したうえで,サービスチャネル間に適切に周波数帯域を配分することが重要である.そこで本稿では,システム帯域内に2サービスチャネルを多重する場合を想定し,個々のサービスチャネルの要求条件を表すシステムスループットを定義し,更にサービスチャネル間のシステムスループットを統合したシステムスループットを定義したうえで,統合システムスループットを最大化する最適周波数帯域幅配分法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案法の効果を定量的に示し,固定的に周波数帯域幅を用意した場合に比較したシステムスループットの改善効果を示す. 
(英) In the fifth generation mobile communication systems, various wireless communication services such as massive machine-type communications (mMTC) and ultra-reliable low latency communications (URLLC) will be supported in addition to the enhanced mobile broadband (eMBB). The physical channels (service channels) dedicated to respective of these wireless communication services will be multiplexed within a shared system frequency band and the respective wireless communication services will have different requirements on frequency efficiency and fairness between terminals. Therefore, appropriate frequency bandwidth assignment to each service channel considering the service requirement, number of terminals, and their channel conditions of all wireless communication services is important for system performance maximization. In this paper, we assume two service channels and define different forms of the system throughput for two service channels considering different service requirements. With definition of integrated system throughput which combine two system throughput levels of two service channels, this paper proposes optimum frequency bandwidth allocation method among service channels for integrated system throughput maximization. Computer simulation results show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) サービスチャネル / eMBB / mMTC / URLLC / システムスループット / 帯域割り当て / /  
(英) Service channel / eMBB / mMTC / URLLC / system throughput / bandwidth allocation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-87, pp. 221-226, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-87 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) システムスループットを最大化するサービスチャネル間の最適周波数帯域幅配分法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigations on Optimum Frequency Bandwidth Allocation Method among Service Channels for System Throughput Maximization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービスチャネル / Service channel  
キーワード(2)(和/英) eMBB / eMBB  
キーワード(3)(和/英) mMTC / mMTC  
キーワード(4)(和/英) URLLC / URLLC  
キーワード(5)(和/英) システムスループット / system throughput  
キーワード(6)(和/英) 帯域割り当て / bandwidth allocation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 翔太 / Shota Mizuno / ミズノ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 大陸 / Dairoku Muramatsu / ムラマツ ダイロク
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯田 泰明 / Yasuaki Yuda / ユダ ヤスアキ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 11:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会