電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 11:30
ヘテロジーニアスネットワークにおける瞬時チャネル状態に基づく接続セル選択と時間・周波数領域スケジューリングの同時最適化法
若井優人東京理科大)・立石貴一NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,ヘテロジーニアスネットワークにおいて,(p, α)プロポーショナルフェアネスに基づいて定義された下りリンクシステムスループットを最大化する瞬時チャネル状態に基づく接続セル選択と時間・周波数領域スケジューリングの同時最適化法を提案する.筆者らが先に提案した接続セル選択法は,基地局とユーザ端末の分布と各基地局・ユーザ端末間の平均的なチャネル状態を考慮して(p, α)プロポーショナルフェアネスに基づいて定義された下りリンクシステムスループットを最大化するものであったが,マルチパスフェージングに起因した瞬時チャネル状態に基づく時間・周波数領域スケジューリングが接続先基地局で後続して実行されることになり,基地局間の連携を必要としない利点があるものの,瞬時チャネル状態を考慮した接続セル選択と時間・周波数領域スケジューリングの全体最適化としては不十分であった.提案法は,集中制御型無線アクセスネットワーク(C-RAN: centralized radio access network)構成を前提として,接続セル選択と時間・周波数領域スケジューリングを実現されるシステムスループットの観点から最適化するものである.計算機シミュレーションにより,提案法は,平均チャネル状態に基づく接続セル選択法に比較して,特に多数のピコ基地局が配置されシステムスループットがユーザ間の公平性を重視する場合に大幅な特性改善を実現することを示す. 
(英) This paper proposes a jointly optimized user association and time/frequency-domain scheduling method for maximization of the downlink system throughput defined based on (p, α)-proportional fairness. Our previously reported user association method maximizes the downlink system throughput considering the base station and user distributions, and average channel conditions between each of base stations and user terminals. However, overall performance of this user association and subsequent time/frequency-domain scheduling conducted at each base station against the connected users taking into account the instantaneous channel variation due to multipath fading is not sufficient, although this approach can be realized without relying on the inter-base station cooperation. The proposed method assumes the centralized radio access network (C-RAN) architecture and achieves joint optimization of the user association and time/frequency-domain scheduling with regard to the achievable system throughput defined based on (p, α)-proportional fairness. Computer simulation results elucidate that the proposed method achieves significant enhancement in achievable system throughput compared to the user association method based on the average channel conditions, especially when the number of pico base station is large and the system throughput prioritizes the fairness among users.
キーワード (和) ヘテロジーニアスネットワーク / C-RAN / 接続セル選択 / スケジューリング / システムスループット / / /  
(英) Heterogeneous networks / C-RAN / user association / scheduling / system throughput / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-88, pp. 227-232, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-88 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘテロジーニアスネットワークにおける瞬時チャネル状態に基づく接続セル選択と時間・周波数領域スケジューリングの同時最適化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Joint Optimization Method of User Association and Time/Frequency-Domain Scheduling for System Throughput Maximization in Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / Heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) C-RAN / C-RAN  
キーワード(3)(和/英) 接続セル選択 / user association  
キーワード(4)(和/英) スケジューリング / scheduling  
キーワード(5)(和/英) システムスループット / system throughput  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若井 優人 / Yuto Wakai / ワカイ ユウト
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立石 貴一 / Kiichi Tateishi / タテイシ キイチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 11:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-88 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会