電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 09:30
軟判定出力per-survivor processingによる伝送路予測形多重遅延検波
下村和輝森 俊樹久保博嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,多重遅延検波 (MDD : multiple differential detection) の追随特性改善を目的として,高次伝送路予測と誤り訂正に加えて,新たに軟判定出力ビタビアルゴリズム (SOVA) を用いた復調方式を提案する.一般的にQPSK用の軟判定出力ではLLR (log-likelihood ratio)が用いられるが,伝送路特性を明に推定しないjoint detection (JD) にLLRの適用は困難である.本報告ではLLRに代わり,ビタビアルゴリズム (VA) に基づくJDであるPSP (per-survivor processing) 上で,メトリック間の差分を取る処理を加えた手法を提案する.提案方式は,復調処理量を大幅に増加させることなく,伝送路変動への追随特性を改善できる.最後に,計算機シミュレーションにより,提案方式が従来方式より4倍程度高速なフェージング伝送路に適用可能なことを明らかにする. 
(英) In order to improve tracking capability for fast time-varying channels, this paper proposes demodulation schemes employing a soft-output Viterbi algorithm (SOVA) for multiple differential detection (MDD) as well as higher order channel prediction and error correction. Although QPSK are generally demodulated based on LLR (log-likelihood ratio) for its soft decisions, it is difficult for JD, which does not explicitly estimate channel state information, to derive LLR. This paper proposes soft decisions for PSP (per-survivor processing), which correspond to metrics difference between the two paths in the Viterbi algorithm (VA) of PSP, where PSP is JD based on the VA. The proposed scheme can improve tracking capability for time-varying channels without an increase of computational complexity. Finally, computer simulation results confirm that the proposed schemes can track four times larger maximum Doppler frequency in fading than the conventional schemes.
キーワード (和) 軟判定 / ビタビアルゴリズム / 多重遅延検波 / 高次伝送路予測 / 高速フェージング / / /  
(英) Soft-Output / Viterbi algorithm / Multiple Differential Detection / Higher Order Channel Prediction / Fast Time-Varying Fading / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-77, pp. 161-166, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-77 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 軟判定出力per-survivor processingによる伝送路予測形多重遅延検波 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Multiple Differential Detection Based on Channel Prediction Employing Soft-Output Per-Survivor Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 軟判定 / Soft-Output  
キーワード(2)(和/英) ビタビアルゴリズム / Viterbi algorithm  
キーワード(3)(和/英) 多重遅延検波 / Multiple Differential Detection  
キーワード(4)(和/英) 高次伝送路予測 / Higher Order Channel Prediction  
キーワード(5)(和/英) 高速フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下村 和輝 / Kazuki Shimomura / シモムラ カズキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 俊樹 / Toshiki Mori / モリ トシキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 09:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.161-166 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会