電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 16:00
物理層秘匿性を有する下りリンク非直交多元接続方式の構築に関する検討
堀池直登北川博規岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のスマートフォンやタブレット端末の急増による通信トラフィク増大に伴って,大容量通信を実現する手法の検討が進んでおり,そのアプローチの一つとして非直交多元接続(non-orthogonal multiple access:NOMA)方式が提案されている.また,トラフィックの増大と同時に安全な伝送のニーズも高まっており,このニーズに対して我々は物理層秘匿性と高品質伝送を両立するカオスMIMO(multiple-input multiple-output)伝送を提案している.本稿ではこの原理を応用し,NOMA伝送方式にカオスMIMO伝送を適用した大容量かつ安全な下りリンク無線通信システムを提案する.そして計算機シミュレーションにより,従来のNOMA伝送方式に対し符号化利得獲得による大幅な誤り率特性の改善と物理層秘匿効果が得られることを示す. 
(英) Recently, higher-capacity wireless communication systems are developed for rapid increase of wireless traffic on smartphones and tablets. Non-orthogonal multiple access (NOMA) scheme has been studied as one of the solutions. In addition to the demands for higher capacity, demands for secure wireless transmission are also growing. To meet these requirements, we have proposed a chaos multiple-input multiple-output (C-MIMO) scheme which realizes both physical layer security and the channel coding gain. In this paper, we apply the principle of C-MIMO to NOMA scheme, and propose a chaos-NOMA scheme achieving higher-capacity and secure downlink wireless communication system. The improved performances compared to conventional NOMA schemes and the physical layer security effect are shown by numerical simulations.
キーワード (和) 5G / 非直交多元接続 / 下りリンク / カオスMIMO / 物理層秘匿性 / / /  
(英) 5G / non-orthogonal multiple access / downlink / chaos MIMO / physical layer security / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-92, pp. 251-256, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-92 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理層秘匿性を有する下りリンク非直交多元接続方式の構築に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on construction of downlink non-orthogonal multiple access scheme for physical layer security 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 非直交多元接続 / non-orthogonal multiple access  
キーワード(3)(和/英) 下りリンク / downlink  
キーワード(4)(和/英) カオスMIMO / chaos MIMO  
キーワード(5)(和/英) 物理層秘匿性 / physical layer security  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀池 直登 / Naoto Horiike / ホリイケ ナオト
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 博規 / Hiroki Kitagawa / キタガワ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-92 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会