お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-22 13:00
音韻と人体部位の動きの関係に着目したオノマトペによる歩容の記述に向けて
加藤大貴平山高嗣川西康友名大)・道満恵介中京大)・井手一郎出口大輔村瀬 洋名大PRMU2017-25 SP2017-1
抄録 (和) 人間の歩行動作は,その見た目に応じて多様なオノマトペで表現される.また,オノマトペには音象徴性があり,オノマトペから連想されるイメージはその音韻と強い関係があるとされる.このことから,音象徴性に基づく「音韻空間」を歩容の特徴空間と対応付けることができれば,歩容の微妙な違いをオノマトペの音韻の違いで記述することができると考えられる.
人間が歩容を見るときには,部位間の相対的な動きからオノマトペを連想する可能性が従来研究で示唆されていることを踏まえ,本報告では人体部位の相対的な動きに基づく映像特徴を利用し,深層学習を用いた回帰モデルにより両空間を対応付ける手法を提案する.評価実験により,提案手法の有効性を確認するとともに,任意の歩容をオノマトペで記述できる可能性を検討した. 
(英) Gaits are expressed by various onomatopoeias according to their appearance. It is said that onomatopoeia has sound-symbolism and its phoneme is strongly related to its impression. Thus, if the "phonetic-space" based on sound-symbolism can be corresponded with feature-space of gaits, subtle difference of gaits could be expressed as difference in phoneme.
Since previous studies imply the relative body-parts movement is associated to the imagination of onomatopoeias when we look at gaits, in this report, we propose a method to convert the relative body-parts movements to onomatopoeias using a deep learning based regression model. Through experiments, we confirmed the effectiveness of the proposed method, and discussed the potential of description of an arbitrary gait by onomatopoeia.
キーワード (和) オノマトペ / 歩容 / 音韻 / 人体部位 / 音象徴性 / / /  
(英) Onomatopoeia / gait / phoneme / body-parts / sound-symbolism / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 105, PRMU2017-25, pp. 1-6, 2017年6月.
資料番号 PRMU2017-25 
発行日 2017-06-15 (PRMU, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2017-25 SP2017-1

研究会情報
研究会 PRMU SP  
開催期間 2017-06-22 - 2017-06-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 様々なメディア 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-06-PRMU-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音韻と人体部位の動きの関係に着目したオノマトペによる歩容の記述に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward Description of Gaits by Onomatopoeia Based on the Relationship between Phoneme and Body-Parts Movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オノマトペ / Onomatopoeia  
キーワード(2)(和/英) 歩容 / gait  
キーワード(3)(和/英) 音韻 / phoneme  
キーワード(4)(和/英) 人体部位 / body-parts  
キーワード(5)(和/英) 音象徴性 / sound-symbolism  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 大貴 / Hirotaka Kato / カトウ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 康友 / Yasutomo Kawanishi / カワニシ ヤストモ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 道満 恵介 / Keisuke Doman / ドウマン ケイスケ
第4著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-22 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2017-25,IEICE-SP2017-1 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.105(PRMU), no.106(SP) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2017-06-15,IEICE-SP-2017-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会