電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-22 16:00
ストリートスモールセル基地局への無線エントランスにおけるビームフォーミング技術 ~ 75GHz帯屋外/屋内伝搬測定による特性評価 ~
後藤和人土屋貴寛菅 瑞紀太田 厚飯塚正孝NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信(5G)に向けて,ユーザが密集するエリアのトラヒックをMassive MIMO技術を用いてオフロードするスモールセル構成技術の検討が盛んに進められている.著者らは,5Gスモールセルの速やかな展開を目指し,スモールセル基地局へのエントランス回線を無線化するための検討を行っている.無線エントランスでは基地局/中継局を高所に固定設置するため,見通し波が支配的な環境となる.これまでに,当該環境におけるMassive MIMO技術として,制御の簡易化を実現する1タップによる時間領域の指向制御(TDBF)と,この際に必要となるA/D及びD/A変換器の実装数を大幅に圧縮可能なデジタルアシスト型アナログビームフォーミング(DAABF)を提案してきた.本稿では,75GHz帯を用いた伝搬測定を実施し,取得した伝搬路情報(CSI)を用いて提案技術の有効性を評価した結果について報告する.約1.3波長間隔の20×10=200素子で構成したアンテナを用いた場合,周波数依存性を持たない簡易なウェイトを用いる提案技術を利用して,周波数領域の最大比合成(MRC)と同等程度の指向性利得を取得できること,さらには,6-8程度以上の空間多重を実施した場合でも信号分離の直交化に伴う損失が限定的であり,効率的な空間多重が実現可能であることを明らかにした. 
(英) Toward the 5th Generation Mobile Communications (5G), by using massive MIMO, small cell constructing technologies for offloading traffic in areas where users are densely have been studied. We have studied to make entrance link to small cell base-stations wireless, aiming at the rapid deployment of 5G small cells. On the systems, both of entrance base-stations (EBSs) and relay-stations (RSs) are fixedly installed at high location and it is expected that the direct wave is dominant on the environment. For massive MIMO technologies in such environment, we have proposed 1-tap time-domain beamforming (TDBF) and digital assisted analog beamforming (DAABF). TDBF achieves simplified control. DAABF is useful for low cost implementation by reducing required number of analog digital convertors (ADCs) and digital analog convertors (DACs). In order to confirm the feasibility of the proposed schemes on real environment, we have performed propagation measurement on outdoor and indoor environment at 75GHz band, and collected many sets of channel state information (CSI) on massive antenna systems. In this paper, we show the evaluation results and their effectiveness. In case employing 20 x 10 = 200 antenna elements with about 1.3 wavelength spacing, the proposed schemes can form highly accurate directional beams like maximal ratio combining (MRC) on frequency-domain. Moreover, in case implementing over 6-8 spatial multiplexing, since orthogonalization loss was quite small, we clarified that efficient spatial multiplexing can be realized.
キーワード (和) 大規模アンテナ / 5G / スモールセル / エントランス回線 / / ミリ波 / 時間領域ビームフォーミング /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-75, pp. 149-154, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-75 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストリートスモールセル基地局への無線エントランスにおけるビームフォーミング技術 
サブタイトル(和) 75GHz帯屋外/屋内伝搬測定による特性評価 
タイトル(英) Beam Forming Schemes on Wireless Entrance Systems for Street Small Cells 
サブタイトル(英) Performance Evaluation with 75GHz Outdoor/Indoor Propagation Measurement 
キーワード(1)(和/英) 大規模アンテナ /  
キーワード(2)(和/英) 5G /  
キーワード(3)(和/英) スモールセル /  
キーワード(4)(和/英) エントランス回線 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) ミリ波 /  
キーワード(7)(和/英) 時間領域ビームフォーミング /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 和人 / Kazuto Goto / ゴトウ カズト
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 貴寛 / Takahiro Tsuchiya / ツチヤ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 瑞紀 / Mizuki Suga / スガ ミズキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 厚 / Atsushi Ohta / オオタ アツシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 正孝 / Masataka Iizuka /
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-22 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-75 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会