電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-21 13:50
多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ 周波数領域における選択ダイバーシチを用いた端末間干渉抑圧除去技術 ~
森山雅文滝沢賢一手塚隼人大堂雅之表 昌佑村上 誉石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Internet of Things(IoT)の普及に伴い上りトラフィックの急増が予測されている.第5世代移動通信システムにおける基地局は,IoT端末等の膨大なMachine Type Communication (MTC)端末からの上り信号を効率的に受信することが求められている.我々は,この課題を解決するため,1基地局に収容可能なMTC端末数を増加させる技術及び低遅延通信を実現する技術の研究開発を進めているところである.今回,収容台数を増加させるために有効な技術である逐次干渉抑圧・除去(Successive Interference Cancellation : SIC)の信号分離性能を向上させるため,受信ダイバーシチの導入しその性能を計算機シミュレーションにより評価した.本稿では,周波数領域における最大比合成ダイバーシチ方式を導入するとともに,新たに周波数領域の信号電力対干渉及び雑音電力比 (Signal power to Interference and Noise power Ratio : SINR)を基準とする選択ダイバーシチを提案した.計算機シミュレーションの結果,受信ダイバーシチの導入は周波数選択性フェージング環境下におけるSICの信号分離性能を大幅に向上させることが確認できた.また,選択ダイバーシチを適用したSICは最大比合成ダイバーシチを適用するSICと同等の分離性能が得られることが分かった. 
(英) A rapid increase of uplink traffic is predicted with the spread of Internet of Things (IoT). The 5th generation mobile communications systems (5G) requires that base stations effectively receive massive number of uplink signals transmitted by machine type communication (MTC) devices such as the IoT devices. To solve this problem, we have researched and developed techniques to increase number of devices that one base station can accommodate and to reduce latency. In this paper, to enhance signal separation performance of Successive Interference Cancellation (SIC) that is a useful technique for increasing the number accommodated by one base station, we employ receive space diversity and then evaluate its performance by computer simulation. When applying the receive space diversity to the SIC, we introduce a maximum ratio combining (MRC) in frequency domain, and propose a novel selection combining (SC) where a receive antenna is selected on the basis of signal power to interference and noise power ratio (SINR) in frequency domain. By the computer simulation, we confirmed that the received space diversity could enhance the signal separation performance of the SIC under frequency selective fading environment. Moreover, when we compared the MRC and the SC that are employed to the SIC, the SC had almost the same performance as the MRC.
キーワード (和) 多数デバイス接続 / 低遅延 / 逐次型干渉抑圧・除去 / 周波数領域等化 / 受信ダイバーシチ / / /  
(英) Massive Devices Connection / Low Latency / Successive Interference Cancellation (SIC) / Frequency Domain Equalization(FDE) / Receive Diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-52, pp. 13-18, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-52 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 
サブタイトル(和) 周波数領域における選択ダイバーシチを用いた端末間干渉抑圧除去技術 
タイトル(英) Efficient Radio Access for Massive Machine-Type Communication 
サブタイトル(英) An Interference Cancellation and Suppression Technique Employing Selection Combining Diversity in Frequency Domain 
キーワード(1)(和/英) 多数デバイス接続 / Massive Devices Connection  
キーワード(2)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(3)(和/英) 逐次型干渉抑圧・除去 / Successive Interference Cancellation (SIC)  
キーワード(4)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency Domain Equalization(FDE)  
キーワード(5)(和/英) 受信ダイバーシチ / Receive Diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 雅文 / Masafumi Moriyama / モリヤマ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 隼人 / Hayato Tezuka / テヅカ ハヤト
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堂 雅之 / Masayuki Oodo / オオドウ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 昌佑 / Changwoo PYO /
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-21 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-52 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会