電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-21 17:25
スペクトル拡散方式を用いた可視光車車間通信・測距統合システムの試作による一検討(第2報)
鈴木旭ジョン二木健斗山本政宏水井 潔関東学院大ITS2017-6
抄録 (和) 本稿では可視光ブーメラン方式の実験機を基板上に作成し,第1報よりもさらに長距離で高速な通信実験を行うことで可視光ブーメラン方式の実現性についてさらなる検証を行う.可視光通信はLEDとフォトダイオードを用いて行い,スペクトル拡散方式としては直接拡散方式を使用した.受信部ではレンズを用いて光を集めた.実験では送信部にレンズを使用する実験と使用しない実験を行い,信号波形をオシロスコープで観測した.結果から,実験機ではレンズを使用すれば距離20mでの可視光ブーメラン方式による通信が可能であることが確認された. 
(英) In this paper we describe an advanced visible light boomerang prototype on circuit board, further verifying the feasibility of the previously reported system for higher speeds and extended distance communication. The prototype uses visible light communication via LED and photodiodes, with direct-sequence spread spectrum techniques. At the receiving section, light was focused using a lens unit. In experiments, we focused on 2 scenarios: transmitter with lens and transmitter without lens, observing system signals using oscilloscope. Results confirm that communication with lens by the advanced prototype system at a distance of 20m is possible.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / 測距 / 可視光通信 / スペクトル拡散方式 / / /  
(英) ITS / Vehicle-to-Vehicle Communication / Ranging / Visible Light Communication / Spread Spectrum / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 102, ITS2017-6, pp. 31-36, 2017年6月.
資料番号 ITS2017-6 
発行日 2017-06-14 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2017-6

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-21 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama University 
テーマ(和) ITS ポジショニング,一般 
テーマ(英) Positioning for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-06-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトル拡散方式を用いた可視光車車間通信・測距統合システムの試作による一検討(第2報) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Prototype Visible Light V2V Communication and Ranging System Using Spread Spectrum Techniques (2nd Report) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Vehicle-to-Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) 測距 / Ranging  
キーワード(4)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication  
キーワード(5)(和/英) スペクトル拡散方式 / Spread Spectrum  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 旭ジョン / Akira John Suzuki / スズキ アキラジョン
第1著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: KGU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二木 健斗 / Kento Futaki / フタキ ケント
第2著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: KGU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 政宏 / Masahiro Yamamoto / ヤマモト マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: KGU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水井 潔 / Kiyoshi Mizui / ミズイ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: KGU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-21 17:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2017-6 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会