電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-21 14:15
多数デバイスを収容する携帯電話網におけるグラントフリーマルチアクセスの性能評価
表 昌佑滝沢賢一森山雅文大堂雅之手塚隼人石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IoT(Internet of Thing)の多様なサービス及びデバイスの急速な普及に伴い、次世代の無線通信において、大規模かつ多様なIoTデバイスをサポートする新しいメディアアクセス制御(MAC)の必要性が高まっている。簡便さ、柔軟性かつスケーラビリティの観点から、競合ベースの多元接続(Contention-based Multiple Access, CMA)は、大規模なIoT無線通信におけるMACの重要機能である。同時に大量のデバイスの接続を提供し、データ伝送の待ち時間を短縮可能な新しいCMAとしてのグラントフリー多元接続(Grant-free Multiple Access, GFMA)方式をすでに提案を行った。本論文では、GFMAスループットの性能を数値的に調べ、スロットアロハ(SA)やLTEランダムアクセスチャネル(RACH)のGMA(grant multiple access)などのレガシーCMAとの性能比較を行い、提案されたGFMAが高スループットを提供することを示す。 
(英) As a demand of diverse services and a rapid increase of Internet of Thing (IoT) devices, a new medium access control (MAC) will be required to support a massive and variable IoT devices in the next generation wireless communications. As the viewpoints of simplicity, flexibility and scalability, a contention-based multiple access (CMA) is a potential function of MAC in the massive wireless communications. So that a grant-free multiple access (GFMA) method as a new CMA has been proposed to provide a simultaneous massive connectivity and to reduce the latency of data transmission. This paper studies the performance of GFMA throughput numerically, provides the performance comparisons to the legacy CMAs such as slotted aloha (SA) and grant multiple access (GMA) of LTE random access channel (RACH), and shows that the proposed GFMA achieves a higher throughput rather than others.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Contention-based multiple access / Grant multiple access / Grant-free multiple access / Slotted aloha / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 103, RCS2017-53, pp. 19-23, 2017年6月.
資料番号 RCS2017-53 
発行日 2017-06-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2017-06-21 - 2017-06-23 
開催地(和) 石垣商工会館 
開催地(英) Ishigaki Shoukou Kaikan 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数デバイスを収容する携帯電話網におけるグラントフリーマルチアクセスの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Performance Study of Grant-Free Multiple Access for Massive Wireless Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Contention-based multiple access  
キーワード(2)(和/英) / Grant multiple access  
キーワード(3)(和/英) / Grant-free multiple access  
キーワード(4)(和/英) / Slotted aloha  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 昌佑 / Changwoo Pyo /
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 雅文 / Masafumi Moriyama / モリヤマ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堂 雅之 / Masayuki Oodo / オオドウ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 隼人 / Hayato Tezuka / テヅカ ハヤト
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-21 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-53 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.103 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2017-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会