電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-20 13:00
主成分分析による海上交通流の特徴抽出と船舶遭遇確率の評価
河島園子海上技術安全研)・川村恭己横浜国大)・伊藤博子福戸淳司海上技術安全研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 海上交通の解析及び評価は,船舶の安全運航や海難事故の防止を目的として従来実施されている.近年ではAISデータを用いた解析が行われているが,その解析方法の一つとして,本論文では著者らが提案した主成分分析による交通流の特徴抽出手法を示す.本手法では,航行船舶の属性と航跡等の相関を考慮した交通流の特徴を抽出するだけでなく,交通流データの生成にも応用でき,実海域の特徴を考慮した海上交通の再現が可能である.本論文では,この再現手法を用いた船舶同士の遭遇確率の評価シミュレーションプログラムの構築についても示し,海域の衝突危険の評価方法として検討する. 
(英) Analysis and assessment of ship traffic have been conducted for safe navigation environment, and AIS data is used for analysis nowadays. In this paper, a method of characterization of ship traffic flow by Principal Component Analysis of AIS data which authors developed is shown. It is possible to not only get characteristics with correlations between parameters but also apply to data generation in this method, so that ship traffic data with characteristics could be generated. A method of simulation of evaluating encounter probability between ships by the generation method is also shown in this paper and collision risks are assessed.
キーワード (和) 海上交通 / 主成分分析 / 特徴抽出 / 海上交通シミュレーション / リスク評価 / / /  
(英) Ship traffic / Principal Component Analysis / Characterization / Ship traffic simulation / Risk assessment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 100, SSS2017-7, pp. 1-4, 2017年6月.
資料番号 SSS2017-7 
発行日 2017-06-13 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2017-06-20 - 2017-06-20 
開催地(和) 日大駿河台キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 交通物流 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2017-06-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 主成分分析による海上交通流の特徴抽出と船舶遭遇確率の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterization of ship traffic flow by Principal Component Analysis and its application to ship traffic risk assessment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海上交通 / Ship traffic  
キーワード(2)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(3)(和/英) 特徴抽出 / Characterization  
キーワード(4)(和/英) 海上交通シミュレーション / Ship traffic simulation  
キーワード(5)(和/英) リスク評価 / Risk assessment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河島 園子 / Sonoko Kawashima / カワシマ ソノコ
第1著者 所属(和/英) 海上技術安全研究所 (略称: 海上技術安全研)
National Maritime Research Institute (略称: NMRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 恭己 / Yasumi Kawamura / カワムラ ヤスミ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学大学院 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 博子 / Hiroko Itoh / イトウ ヒロコ
第3著者 所属(和/英) 海上技術安全研究所 (略称: 海上技術安全研)
National Maritime Research Institute (略称: NMRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福戸 淳司 / Junji Fukuto / フクト ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 海上技術安全研究所 (略称: 海上技術安全研)
National Maritime Research Institute (略称: NMRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-20 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2017-7 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.100 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2017-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会