電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-19 11:20
勾配法を用いた自動車エンジン制御パラメータの最適化手法
増田祥吾永山 忍稲木雅人若林真一広島市大CAS2017-6 VLD2017-9 SIP2017-30 MSS2017-6
抄録 (和) 本研究では,自動車エンジンの振舞いの一部を放射基底関数(RBF:Radial Basis Function)の線形結合によってモデル化した関数(RBF近似関数)を用いて,目的となる出力値の逆像を計算することで最適な制御パラメータ値を求める問題に取り組む.最適な制御パラメータ値を効率良く求めるために,勾配法とニュートン法を用いた制約付き最適化手法を提案する.計算機実験により,提案手法は本研究で対象とするRBF近似関数における最適な制御パラメータ値を効率良く求めることができることを示す. 
(英) In this study, we address a problem to obtain optimum control parameters by computing an inverse image of the target output value using a function, called RBF approximate function, that models a part of behavior of automobile engines by linear combination of radial basis functions (RBFs). To efficiently search optimum control parameters, we propose a constrained optimization method using gradient methods and the Newton method. Experimental results show that the proposed method can efficiently find optimum control parameters for RBFs targeted in this study.
キーワード (和) 自動車エンジン制御パラメータの最適化 / 勾配法 / ニュートン法 / RBF近似関数 / / / /  
(英) Optimization of automotive engine control parameters / gradient methods / Newton method / RBF approximate functions / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 97, VLD2017-9, pp. 31-36, 2017年6月.
資料番号 VLD2017-9 
発行日 2017-06-12 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2017-6 VLD2017-9 SIP2017-30 MSS2017-6

研究会情報
研究会 SIP CAS MSS VLD  
開催期間 2017-06-19 - 2017-06-20 
開催地(和) 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 
開催地(英) Niigata University, Ikarashi Campus 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2017-06-SIP-CAS-MSS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 勾配法を用いた自動車エンジン制御パラメータの最適化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Optimization Method for Automotive Engine Control Parameters Using Gradient Methods 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動車エンジン制御パラメータの最適化 / Optimization of automotive engine control parameters  
キーワード(2)(和/英) 勾配法 / gradient methods  
キーワード(3)(和/英) ニュートン法 / Newton method  
キーワード(4)(和/英) RBF近似関数 / RBF approximate functions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 祥吾 / Shogo Masuda / マスダ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-19 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2017-6,IEICE-VLD2017-9,IEICE-SIP2017-30,IEICE-MSS2017-6 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.96(CAS), no.97(VLD), no.98(SIP), no.99(MSS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2017-06-12,IEICE-VLD-2017-06-12,IEICE-SIP-2017-06-12,IEICE-MSS-2017-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会