お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-12 10:50
マルチパス低遅延環境運用を志向したUTW-OFDM方式
吉戸章人児玉洋介栗木寛斗水谷圭一松村 武原田博司京大SRW2017-2
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5Gシステム)における周波数利用効率のさらなる向上を目的として,現在LTEで用いられているCP-OFDM方式と親和性が高く,帯域外輻射電力を強力に抑圧可能なUTW-OFDM方式が提案されている.この方式では各CP-OFDMシンボルにオーバーラップマージン(OM)を付加した後で長大な時間軸窓を乗じ,隣接シンボル同士を重ね合わせることで十分な実効CP長を確保する.しかし,5Gのヘテロジニアスネットワーク構成で過密配置が想定される小セルでは,そのマルチパス低遅延環境の特長から実効CP長の短縮が許容できると考えられる.本稿では,この小セルでの利用を目的とし,OMの付加を省略して長大な時間軸窓を各CP-OFDMシンボルに乗じることで,隣接シンボル同士の重なりを廃し,送信機構成を簡略化したUTW-OFDM方式を提案する.また,帯域幅5 MHzのLTEダウンリンクパラメタを適用した提案UTW-OFDM方式の帯域外輻射電力抑圧特性,EVM特性,ブロック誤り率特性について,マルチパス低遅延環境を想定したチャネルモデルを用いて計算機シミュレーション評価を行い,低遅延の小セル環境における有用性を示す. 
(英) A universal time-domain windowed orthogonal frequency division multiplexing (UTW-OFDM) is proposed as a new waveform to strongly reduce out-of-band emission for the 5th generation mobile communication systems (5G). In this UTW-OFDM, overlap margins are prefixed and suffixed to cyclic prefix-based OFDM symbols, and then extended symbols are multiplied by long time-domain window and overlapped with successive symbols to ensure the effective CP length. Meanwhile, small cells densely deployed as a part of 5G heterogeneous networks allows the reduction of the effective CP length due to the short-delay multipath environment. In this report, we propose a UTW-OFDM enabling the simplification of the transmitter architecture compared to the conventional UTW-OFDM by omitting overlap margins and symbol overlapping. The performance of this scheme is evaluated by simulating the characteristics such as out-of-band emission, error vector magnitude (EVM) and block error rate (BLER) with 5 MHz LTE downlink parameters with using the 3GPP Extended Pedestrian A (EPA) channel model assuming the short-delay multipath environment.
キーワード (和) OFDM / UTW-OFDM / 帯域外輻射電力抑圧 / 時間軸窓 / LTE / 5G / /  
(英) OFDM / UTW-OFDM / Out-of-band emission reduction / Time-domain windowing / LTE / 5G / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 84, SRW2017-2, pp. 5-10, 2017年6月.
資料番号 SRW2017-2 
発行日 2017-06-05 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2017-2

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2017-06-12 - 2017-06-12 
開催地(和) 富士通 
開催地(英) Fujitsu 
テーマ(和) WLAN,WPAN,Ad-hoc関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2017-06-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチパス低遅延環境運用を志向したUTW-OFDM方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A UTW-OFDM without Symbol Overlapping for Short-delay Multipath Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) UTW-OFDM / UTW-OFDM  
キーワード(3)(和/英) 帯域外輻射電力抑圧 / Out-of-band emission reduction  
キーワード(4)(和/英) 時間軸窓 / Time-domain windowing  
キーワード(5)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(6)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉戸 章人 / Akihito Yoshito / ヨシト アキヒト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 洋介 / Yosuke Kodama / コダマ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗木 寛斗 / Hiroto Kuriki / クリキ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 武 / Takeshi Matsumura / マツムラ タケシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-12 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.84 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2017-06-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会