電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-09 10:05
双極子結合した積層磁性ドットによるマイクロ波アシスト磁化反転
金原大樹岡本 聡菊池伸明北上 修島津武仁東北大エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2017-8
抄録 (和) マイクロ波アシスト磁化反転 (MAS: Microwave Assisted magnetization Switching) は次世代超高密度磁気記録技術の有力候補として注目を集めている.MASにおいては、マイクロ波帯域交流磁場でスピンの大振幅歳差運動を励起し、反転磁場を低減させる。本研究では、この大振幅歳差運動の制御を目的として、双極子結合したhard/soft積層磁性ドットを用いたMAS実験を行った。その結果、交流磁場周波数の増加に伴いhard層では、周波数に対して線形に60%の反転磁場減少が確認された.一方、soft層では低周波領域で非線形に95%の反転磁場減少が確認された. 
(英) Microwave assisted magnetization switching (MAS) has been expected as one of the prominent future ultra-high density magnetic recording technologies. In this work, we have studied the magnetization switching behavior of a dipolar coupled hard/soft stacked Co/Pt nanodot. While the switching field of the hard layer linearly decreases by 60% with increasing the rf frequency, that of the soft layer decreases by 95% non-linearly.
キーワード (和) マイクロ波 / 磁化反転 / 歳差運動 / / / / /  
(英) microwave / magnetization switching / precession mode / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, 2017年6月.
資料番号  
発行日 2017-06-01 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2017-06-08 - 2017-06-09 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 記録システム,一般 
テーマ(英) Recording Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2017-06-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双極子結合した積層磁性ドットによるマイクロ波アシスト磁化反転 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Magnetization switching of a dipolar coupled layered magnetic nanodot under the assistance of microwave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / microwave  
キーワード(2)(和/英) 磁化反転 / magnetization switching  
キーワード(3)(和/英) 歳差運動 / precession mode  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金原 大樹 / Daiki Kanahara / カナハラ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoshi Okamoto / オカモト サトシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 伸明 / Nobuaki Kikuchi / キクチ ノブアキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北上 修 / Osamu Kitakami /
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 島津 武仁 / Takehito Shimatsu / シマツ タケヒト
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-09 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2017-8 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.80 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2017-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会