電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-02 13:05
感性を持つAI実現を目指したHEMSデモルームの開発
常川光一小島拓士大参未幸中部大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人らしい(感性のある)AIの構築には、目的を決めずに人と同じ生活環境での一般データを可能な限り多く取得し、個人で違う判断や動作をきめ細かく学習する必要があると考えた。ただし膨大な情報/学習量になるめ、曖昧さのある省エネ(EMS)に目標を設定し、人と対話する提案型のHEMSデモシステム(V.1)を構築した。但しまだ道具を作った程度であり、アルゴリズムの完成度は低いが、その設計指針を提案する。 
(英) We would like to construct a human-like (emotional) AI using the HEMS, For this purpose, an acquire and general human data as possible in the same living environment without the specific purpose. And it is necessary to learn different judgments and actions carefully in individuals. However, it will be huge information / learning volume. Therefore, we set a goal for ambiguous energy saving system(EMS) and constructed the HEMS demonstration system (V.1) to interact with people. It is only a making measurement tools and the completeness of the algorithm is low.. But we will propose design guidelines.
キーワード (和) 人工知能 / エネルギーマネジメントシステム / EMS / 自律分散制御 / メッシュネットワーク / AI / /  
(英) Artificial intelligence / Energy management systems / EMS / Autonomous distributed control / Mmesh network / AI / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 75, SC2017-1, pp. 1-4, 2017年6月.
資料番号 SC2017-1 
発行日 2017-05-26 (SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SC  
開催期間 2017-06-02 - 2017-06-03 
開催地(和) 会津大学(UBIC 3D) 
開催地(英) University of Aizu(UBIC 3D) 
テーマ(和) 「IoT, ビッグデータ解析,知能システムのためのサービスコンピューティング」および一般 
テーマ(英) Service Computing including IoT, Big Data Analytics, Intelligent Communication System, and Other Issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SC 
会議コード 2017-06-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 感性を持つAI実現を目指したHEMSデモルームの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of HEMS Demo Room to Realize AI with Emotions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工知能 / Artificial intelligence  
キーワード(2)(和/英) エネルギーマネジメントシステム / Energy management systems  
キーワード(3)(和/英) EMS / EMS  
キーワード(4)(和/英) 自律分散制御 / Autonomous distributed control  
キーワード(5)(和/英) メッシュネットワーク / Mmesh network  
キーワード(6)(和/英) AI / AI  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 常川 光一 / Koichi Tsunekawa / ツネカワ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 拓士 / Tkushi Kojima / コジマ タクシ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大参 未幸 / Miyuki Ohmi / オオミ ミユキ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-02 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SC 
資料番号 IEICE-SC2017-1 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SC-2017-05-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会