電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-01 12:15
5G多層セル環境における端末移動方向・速度を考慮したハンドオーバ頻度低減方式に関する検討
岸田 朗森広芳文浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5G無線アクセスネットワークにおいては,利用周波数帯や無線帯域の異なるセルをオーバレイ配置した多層セル構成の適用が検討されている.多層セル構成においては,高周波数帯を用いるスモールセルやスポットセル等の小セルを積極的に活用することが通信速度,システム容量改善の鍵となる.しかし,大都市等の実環境下においては利用周波数帯や無線システムに応じてカバレッジやセル置局位置が異なり,また,電波伝搬環境を攪乱する建造物が複雑に立ち並ぶため,セル切替 (ハンドオーバ) 頻度が増加し,通信品質の不安定化を招く可能性がある.特に移動環境下においては,ユーザの進行方向と反対の方向に存在するセルにハンドオーバを行う場合,接続セルの受信信号品質が急激に劣化するためセル滞留時間が僅少となり,ハンドオーバ頻度増加の原因となる.この事象は移動速度が速いユーザにおいては特に問題となる.本稿ではこの課題を解決するため,ユーザの移動方向とセルの置局位置との相対関係,及びユーザの移動速度を考慮した接続セル切替方式を考案し,実際の大都市を模擬した計算機シミュレーションによる特性評価を行ったので報告する. 
(英) In forthcoming fifth-generation (5G) radio access networks, Radio Access Technology (RAT) or cell layer, which represents specific mobile communication system with different frequency bands, with various signal bandwidths will be overlaid on each other. Under this deployment, the one of key factors for improvement of high-speed transmission and capacity enhancement of wireless resource is effective utilization of small cells and spot cells which use high frequency band such as Super High Frequency (SHF) or Extremely High Frequency (EHF). However, frequent handovers across cell layers or within the cell layer will be occurred in the deployment if the conventional handover scheme is applied. Especially in actual metropolitan environments, due to the distortion of radio propagation by these buildings, there is possibility that users select a cell which locates in opposite side of user's moving direction for connection. This phenomenon increases the number of handovers in addition to the issue described above. Moreover, users with high velocity suffer these issues more seriously. Therefore, we propose handover scheme considering both user's moving direction and locations of base stations, together with moving velocity. Moreover, the number of handovers and the average flow time characteristics are evaluated by system level simulations and verify the effectiveness of the proposed scheme in this paper.
キーワード (和) 5G / セル選択 / ハンドオーバ / 無線リソースマネジメント / 実環境モデル / 大都市モデル / /  
(英) 5G / Cell Reselection / Handover / Radio Resource Management / Actual Environment / Metropolitan Environment / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 71, MoNA2017-3, pp. 61-66, 2017年6月.
資料番号 MoNA2017-3 
発行日 2017-05-25 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-MBL IPSJ-DPS IPSJ-ITS  
開催期間 2017-06-01 - 2017-06-02 
開催地(和) 北谷町美浜MS 
開催地(英) Chatan-cho Mihama MS 
テーマ(和) 5G,モバイルアプリケーション,ユビキタスサービス,モバイル分散クラウド,ITSおよび一般 
テーマ(英) 5G, Mobile Applications, Ubiquitous Services, Mobile Distributed Cloud, ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-06-MoNA-MBL-DPS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G多層セル環境における端末移動方向・速度を考慮したハンドオーバ頻度低減方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Handover Reduction based on Moving Direction and Velocity of Users for 5G Multi-layered Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) セル選択 / Cell Reselection  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(4)(和/英) 無線リソースマネジメント / Radio Resource Management  
キーワード(5)(和/英) 実環境モデル / Actual Environment  
キーワード(6)(和/英) 大都市モデル / Metropolitan Environment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 朗 / Akira Kishida / キシダ アキラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森広 芳文 / Yoshifumi Morihiro / モリヒロ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝浩 / Takahiro Asai / アサイ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-01 12:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2017-3 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.71 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2017-05-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会